*

仕事を「遊び化」すれば、社員は言われなくても自発的に取り組む

人は、遊ぶことには夢中になれるのに、こと仕事になると義務になりがちですよね。
もし、これが遊ぶように仕事をしたらどんなに成果が出るかと思います。

ということは、仕事を遊びのようにしてしまえば良いってこと。
そう考えています。
言われなくてもやりたくなる…仕事をそんな風にデザインし直すことは、どんな職種でも出来るはずです。

インベーダーは飽きやすいがドラクエは長く夢中になれる

仕事の遊び化をゲームを例に考えたいと思います。
昔、インベーダーゲームがありましたよね?
あれ、今でも場所によってはあるんですが、やってみるとものすごく単調で一瞬で飽きちゃうんです。
撃っても撃ってもヤツらが襲ってくる(笑)
当時、あれに夢中になった人のモチベーションは「点数」と「クリアした面数」でした。

それがスーパーマリオブラザーズの登場で変わりました。
「ピーチ姫を救出する」というミッションがあって、その冒険に出るわけです。
その後出たドラクエは超ロングランですしね。
さらに、最近のゲームは、ネット上で仲間を作って、みんなで力を合わせてプレーできるんです。
「みんなで力を合わせて意義あるミッションを達成する」
これが面白さの秘訣です。

ってことは仕事をそういう風にデザインすればいいわけです。

仕事が遊び化する3原則

僕は、以前から秘密結社をつくりたいと思っていました。
企業が秘密結社のようにデザインされたら面白いよね?って。

ミッションがあって、たくらみがあり、共犯者(社員のことね)とその冒険に出る。
そうなったらゲームと同じように夢中になると思います。

それが仲間ができて実現することになりました。
ウェブサイトの原案ができて、一気にテンションが高くなりました。
takuramiya

いい年したオトナたちが真剣に、秘密結社を考えている。

まだ決まっていない事も多いのですが、早く実行したくてウズウズしています。

仕事が遊び化するためには3つの要件が必要です。
「ミッション」+「仲間」+「成長実感」

意義を感じ「やってみたい!」と思える意義あるミッション…目的は人の自発性を高めます。
「売上◯◯億円」じゃワクワクするのは社長だけ。
例えば「アレルギーのある方でも安心して食べられるパンをつくる」といったミッション達成の先に人の笑顔があるものです。

仲間がいると、それだけで楽しくなります。
人は集団で活動することが本能に刷り込まれていると言われます。
人間の最大の関心事は「人」であるということ。
だから仲間とやると楽しい。

そして同じように本能的に持っているのが成長意欲です。
なので、最初はできなかったことが出来るようになると、すごく嬉しいのです。

これはどんな職種でもデザインすることができるはずです。

報酬は大切だけど、それだけのために働くのではなく、仕事の行為自体から喜びを感じられれば、仕事は遊び化する。

インベーダーでは得点とクリア面がモチベーションだった…仕事で言えば金銭的報酬と出世です
新しいゲームはミッション達成に向けて、仲間とともに成長し成果を掴み取る、その行為自体が楽しいのです。

そんな仕事にリデザインすると会社は非常に活性化する。
そう考えています。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
手を休めることなく働いている会社は危険。適度なゆとりが儲かる会社の秘訣

1人1人が手を休める暇もなく働いている会社はダメ助け合うチームは成

伝説のゲームから学ぶ、仕事を楽しいものに変える3つのポイント

世の中には仕事が楽しくてしょうがないという人もいます。一方で苦痛だと感

社員が「ご機嫌で」働くことを目的に置いた企業が繁栄する時代になった

社員の幸せと業績には相関関係がある僕が社会人になった頃、「足で稼ぐ

社長と同じように会社を思う社員が欲しければ「統合の経営」をせよ

多くの経営者の悩みに「社員の他人事」があると思います。 会社の業績に関

10年後に若者から選ばれる会社になるために今すべき事

僕がPTAをやっていた時に「お子さんにどんな人に育って欲しいか?」とい