*

【終了】学んだことを確実に実行できる組織にするために

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 セミナー情報, ビジョンデザイニング, 指示ゼロ経営の実務

IMG_8348

おはようございます。
今、僕は空港にいて、これから沖縄行きに搭乗します。
今日、夢新聞と指示ゼロ経営セミナーを行います!
セミナーは「大佐」こと染谷充紀さんとコラボで行います。

染谷さんが「売れる仕組み」を、僕が「それを社員と共に創るには?」という内容です。
これ、とても大切なことで、社長が学んできたは良いが、それを社内に落とし込むことに四苦八苦している社長が多いと思います。

「笛吹けども踊らず」…そんな状態ね。

やり方と同じくらい、それを社員と共有し実践する知恵は重要です。

よくあるケースが早く実行したくてウズウズして、何の前振りもなく「今日から、◯◯をやるぞ!」って言ってしまうこと。
そうすると、社員はビックリしますよね?
「また社長が新しいことを言い出した」ってなっちゃう(笑)

社員が自分事になっていないから実践が徹底されず、気づけば無かった事になっている。
で、突然また新しいことを始める(笑)

笑い話ではなく、本当によくあることだと思います。

学んだことを社員と共有するには、まずは「何をやるか」の前に「なぜやるのか?」を確認しなきゃいけません。
そして、それをやると「どうなるのか?」も大切です。

「どうなるのか?」には「会社がどうなるのか?」と「社員がどうなるのか?」の2種類があります。

社員に、新しい取り組みの導入メリットがあると分かれば、それを自分事として受け入れてくれます。

例えば、手こずっていた営業がシステム化され楽になる、とか、クレームが減りストレスがなくなるといったことです。
順を追って進める。
冒険には作法があるということです。

今日のセミナーは当日飛び込みOKですので、沖縄の方は遊びに来てください!
それでは今日も素敵な1日を!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
経営は「自分の望み」を「みんなの望み」に昇華される営み

成長する事業かどうか?のモノサシの1つは「メディアが取り上げる」「

儲かる会社、社員の自発性が高い会社には「たくらみ」がある

企業の活動はここぞという時に、一気に波に乗ることが大切だと思います

自然界に矛盾はない。経営の歪は社長の「力づく」が生んでいる

「押してダメなら引いてみる」という名言があります。 自然

よく行動する社員を育てたかったら「失敗してもいい」と伝えよう

僕はセミナー講師として、参加者の多くが実践してくれることを望みます

アイデアを確実に形にするために、まず最初にやるべきたった1つのこと

何か新しいことを始めようとアイデア会議を行った。 「じゃ