*

魅力的な人になろうとしない。魅力はすでに自分の中にある

IMG_7979

魅力的な人っていますよね?
そういう人って、素の自分を表現できる人だと思うんです。
僕のまわりには多いです。

「誰かになろうとしていない」
「好かれようと媚びていない」

自然体で魅力的ですよね?

でも、自分ではそれが何であるか気付かないのも事実だと思います。
今日は、それを探る方法について考えたいと思います。

自分の個性を知るから魅力が生まれる

人は社会的な生き物で、他者との関わりの中で生きています。
だから他と上手に折り合いをつけながら生きることは大切なのですが、それを意識し過ぎると個性を発揮できなくなります。

可もなく不可もなし(笑)

でも、何かをやろうとする人は支持者がいないとやっていけませんよね?
それは同時に批判者も出るわけだけど、個性を出すということはそういうことだと思います。
そういう生き方を選ぶなら、自分の個性=「素」を知って表現できた方が良いと考えます。
もっと言えば、自分の個性を知っているからこそ、その個性を必要とする人…役立ち方も分かってくると。

例えば、弊社スタッフの陽子ちゃんの個性は「おせっかい」です。
本人がそれを自覚してから仕事が変わりました。
「おせっかいを必要としている人って誰だろう?」
そう考えた時に「第一歩を踏み出すことに躊躇している人」「躊躇はしていないが、その方法が分からない人」のお役に立てるのでは?と考えました。

その集大成が弊社が毎年行っているイベント「おてんとさんぽ」です。
地域には色んな活動をしている人がいます。
でも、表舞台に出ることに躊躇している人が結構多いのです。
そういう人に「一緒にやろうよ!」と誘うのです。

IMG_7867

僕にはその個性(おせっかい)がないから誘うのをためらってしまいのですが、彼女にとっては楽しいこと。
個性ってそういうものなんですよね。

魅力を発見する「マイストーリー・マトリックス」

個性は、必要としている人のお役に立つカタチになった時に「才能」になり「職」になります。
誰かの役に立ちたいと考えるなら、まずは自分にはどういう役立ち方が出来るのか?…個性を発見することが、商売にとって一番大切な視点だと考えます。

だって、今って手っ取り早い成功パターンなんてない時代で、自分だけの解を時間をかけて探っていかないといけません。

個性に合っているから辛抱できる。
合っているから夢中になれ、高質な価値を生み出せるのだと思います。

商品、サービスに大した差異がない時代、違いを生み出すのは「あなた自身」そう考えています。

自分の魅力をしっかり確かめてみませんか?

さて、僕が出った数々の手法の中で、最も有効だと思ったのが「マイストーリー・マトリックス」です。

簡単な6つの質問に答え、ワークを行うことで自分の魅力を発見できます。
さらに、それをどう表現するか?どんな手段で表現するか?
そこまで考えていきます。

そのセミナーを僕が主宰する「夢新聞協会」で行います。

【ブログ・ニューズレターでお客様と最高の関係をつくる】
って、ビジネスっぽいタイトルですが、要は自分の魅力を発見して伝えようというものです。

講師は、上村晃一郎さん。
ヒューティハートナーひまわり化粧品店オーナー
「美活脳メソッド」のブログはこちら。
http://ameblo.jp/beauty-compass/
生活習慣美容研究会 理事  夢新聞認定講師。
自社にて、母の代から10万人の肌を研究した結果をもとに、「輝く人」になるための美活脳メソット?を開発しました。
要は「つくられた美」ではなく「醸し出す美」だと僕は解釈しています。
ラシ?オ出演、専門誌への執筆、美容フ?ロ向け研修の講師も務めているプロです。

自分本来の魅力に気付いて、それを仕事に活かしたい方、マストですよ!

keep it real!
それでは今日もあなたらしい価値を発信しましょう。

また明日!

【講座詳細】
■日時:2016年2月22日(月)
■開催時間:11:00〜18:00
■開催場所:ういんく愛知1109号室(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
http://www.winc-aichi.jp/access/
■参加費:10,000円(税込)
終了後に懇親会も予定しています。

お申し込みは下記フォームからお願いします。

お名前
会社名
TEL
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お座席数(大人)
懇親会
備考欄
領収証が必要な方は宛名を記入して下さい。

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分