*

20年ぶりに行ったあの街は全てが変わっていた

先日、東京で指示ゼロ経営のセミナーを行いました。
会場の阿佐ヶ谷は僕が大学時代を過ごしたところです。
ちょうど20年ぶり、きっと色んな思い出が甦るんだろうな、と思っていましたが、全然そうではありませんでした。

初めて行く場所みたいに、多くが変わっていた。
デートでよく行った店も、ランチでお世話になった定食屋もなくなっていました。
定食屋の女将さんは当時70歳を超えていたから、もしかしたらもうこの世にはいないかもしれません。

懐かしさではなく、哀しさが湧き上がってきました。

20年前に、僕は小さな夢と大きな不安を抱えて故郷に戻りました。

20年前の自分が今の僕を見たら、多分ビックリすると思います。
同時に、20年後の自分にビックリしていたと願っています。

諸行無常と言いますが、大きな流れの中で自分が果たすべき役割を生きていきたい、妙に感傷的になった東京セミナーでした。

僕が学生時代最後のクリスマスでよく流れていた曲が締めのラーメン屋でかかっていました。
感傷的な気持ちでラーメンを食っている時点でオッサンですね(笑)

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」