*

優秀な社員を求める社長が組織づくりで失敗する理由

おはようございます。
昨日は釧路市で指示ゼロ経営のセミナーを行いました。
参加された40名の方、本当にありがとうございます!
すごく楽しかったです。

12144961_902178759868637_3288406745890576213_n

優秀な社員を求めると、デキない社員が生まれる

社長なら誰だって優秀な社員を求めますが、それが組織づくりの弊害になると考えています。
なぜなら、誰かを優秀と評価するには、デキの悪い社員が必要だから。
心の中で無意識に行われる相対的な評価…比較で成り立つものだからです。

なので、優秀な社員を求めれば求めるほど、デキの悪い社員が生まれてしまうということ。
そして、社長が「こいつはデキないヤツ」と考えるだけで、本当にデキないヤツになってしまうのです。
心理学で言う「ピグマリオン効果」です。

例えば、新任の教師に、クラスで一番出来の悪い子どものことを「彼は学校一優秀だ」と嘘の情報を伝えると、その子が本当に優秀になってしまうというのです。

凄いですよね。
てか、怖いですよね?

だから、優秀な社員を求めないことが組織づくりの秘訣です。

子育てだってそうじゃないですか。
兄弟と比較された子って、可哀想だけど劣等感を持ってしまいます。
それと同じです。

組織を1つの生命体として見ること

僕は、組織を1つの生命体のように捉える視点が社長には必要だと考えています。
人体で例えると分かりやすいのですが、人体の器官の中で一番優秀なものなんてないですよね?

脳が優秀だなんてことはない。
どれか1つでも欠けたら生きていけない。
お互いが関連しあって生命が維持されていくのです。

全部が優秀ってことは、優秀なものなんてないということです。

しかも、心臓を動かそうとしなくてもちゃんと動くし、一連の生命活動だって意識しなくても勝手に行われます。
60兆もの細胞が見事に調和しています。

組織にもそういうチカラがあると、僕は実感しています。
目的に向かい、自律的に自己を制御する力です。
社員1人1人が、自らの意思で、自分がすべきことを決定し、力を合わせることができる。

そこには多数で複雑な役割があり、誰かが画一的に評価することはできません。

コツは、組織を1つの生命体として見ることです。

それでは今日も素敵な1日にしてくださいね。

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【東京開催】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー

賃金、賞与の出し方で社員のヤル気と自発性は大きく変わってきます。 報酬

危機感が足りない社員に、健全な危機感を持ってもらうには?

「社員に危機感が足りない」…そんな苛立ちを感じている社長は多いと思いま

硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて