*

第一歩を踏み出す勇気が持てない人のための思考法

「したい人、1000人」
「始める人、100人」
「続ける人、1人」

以前にネットで見かけた言葉が気に入っています。
人数はさておき、本当にそうだと思いました。

で、これをUPしていた人のコメントも重要です。
「始めるには勇気が要る、続けるには強さが要る」

今日は、始める時の勇気について書きたいと思います。

僕がセミナーで意識するのは、会社に戻ってから実践が始まるか?ということです。
知っただけで終わっては勿体ないですよね?
そのために、僕は必ずアクションプランを受講者に立てていただくようにしています。

「まず最初にやること」
やることが大きいほど、人は不安に感じるものです。
でも、どんなに大きなことでも最初の一歩は小さなことです。
まずはカンタンな第一歩を踏み出すことで、次の一歩が見えてくると考えています。

でも、その一歩が踏み出せないという方もいます。

その解決法を、先日、名古屋で行ったニューズレター講座のゲスト講師、プラスこと、山口佳久さんが提示していました。
プラスのブログはこちら
http://blog.greenplus-kyoto.com/

IMG_7977

ニューズレターの基本は、自分を知ってもらうことです。
でも、自分のことを書くってすごく勇気が要りますよね?
僕も始めた時はそうでした。

すごくビビって出したのを覚えていますが、やってみると全く問題がありませんでした。
得体の知れない不安があるんですよね、新しいことを始める時って。

そんな時、僕は「大丈夫だ!」って自分に言い聞かせてきましたが、プラス(山口さん)の発想は逆なんです。
(ニックネームがプラスだと、今日の内容だとややこしくなる 笑)

その不安な気持ちにフォーカスする。
具体的にはこんな質問を受講者に投げかけていました。

「それをすることで、どんな不利益があるか?」

悪いことを考えてもらったのです。
で、考えると、大した不利益はないことに気づきます。

モヤモヤが解消されるんですね。

同時に、それをすると、どんな良いことが起きるか?…最善を考えているから、「こりゃやらない手はない」と思えるのです。

素敵な思考法だと思いました。

最善を考える。
最悪を想定する。
そうすると心が落ちつき中庸を行ける。

自分に対しても、社員に対しても実践したいと思いました。

受講者の皆さんには、勇気を出して第一歩を踏み出して欲しいな!

それでは素敵な週末をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分