*

販売に関わる社員こそ、開発や仕入れに参画することが大切

僕は、書籍を買う時に自分では選びません。

本が大好きな知人がFacebookで簡単な書評をUPしているので、それを参考にしています。
彼が勧めるものだったら間違いない、そんな信頼を寄せているからです。
別に書店を経営している人じゃないけど。
多分、本人は知らないと思いますが、彼がUPした本を買っている人は多いんじゃないかと思います。

今日の記事は、社員が、お客様にとって彼のような存在になるには、商品の開発や仕入れに現場社員が関わることが大切だという話です。

社員が仕入れや開発に関わった3つの事例

別に難しい話じゃないので、事例の連発で行きたいと思います。

ケース1
僕の親友、ハムちゃんこと、浜さんが今度、わらびもちを販売します。
キッカケは、僕が紹介したんです。
紹介と言っても、売ることではなく「美味いから食ってみて!」という紹介(笑)

そしたら、「これ、美味いからお客様に紹介したい」となったんです。
で、彼の凄いところは、生産者に会いに行ったこと。

IMG_7713

水質の確認をしているところです

自分が勧めるもに間違いがあってはいけないという思いです。
仕入れに深く関わったことで、よりお客様にお勧めする時に熱が入るでしょ?

ケース2
都内にあるブティックでは、販売社員が仕入れを担当しています。
店名は忘れてしまいましたが、日経MJに載っていました。

従来の発想からすればものすごく非効率ですよね?
効率を追求すれば商品種を大量発注するのがベスト、それが常識です。
この店では、販売員が「この服、◯◯さんに似合いそう」…お客様の顔を浮かべながら仕入れをする。

だからかなりの的中率で売れて、結果、効率の良い経営になっているそうです。

ケース3
ウチの事例ですが、ウチでは地域の方と一緒に、色んなイベントをしますが、その時に必ず新聞社に取材に来てもらいます。

紙面で取り上げてもらうことが目的ですが、間接的に商品づくりに参画していることになりますよね?

IMG_7544

子ども向けの新聞作り教室の様子

そこで記者と交流することで、思いを知ることができます。

販売に関わる社員こそ、開発や仕入れに参画することが大切

今って、商品・サービス自体に差異のない時代です。
だから「誰が売っているか?」それが成果に影響を与えます。

それは売り方が上手ということもあるけど、信頼と好感、共感の問題だと考えています。
例えば、ハムちゃんは食いしん坊ですが、それが好感を生んでいます。
そのハムちゃんが、美味しいものの取材にわざわざ3時間もかけて行ったというのは信頼に繋がります。

「人生、お一人様1度限り。美味いもんを食べましょう!」
そんなメッセージが共感を生みます。

そういうこと。

だから、誰がどんな思いで開発、仕入れをしたのか?それが分からない商品を社員に売らせても売れないわけです。

販売に関わる社員こそ、開発や仕入れに参画することが大切だと考えます。

特段、欲しいものがない。
欲しい物に気付いていない。

そんな時代だから、あなたの存在が求められる、そう考えています。

さて、今週もがんばりましょうね!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行

時代は「競争」から「共創」へ移り変わっている

今、時代は「競争」から「共創」へ移り変わっていると思います。 争うので