*

2代目、3代目経営者が「自分の組織」を創るために口にしてはいけないこと

後継社長は事業を継いだ時に、必ずと言っていいほど先代と比べられます。
そして、新しい時代を創っていかなければならないプレッシャーがある中で、まだ自分の組織がまだつくれていない…そんな状況で身動きが取れないでいる方もいると思います。

これから会社を継ぐ方にも同じようなことが言えます。

i320

で、よく見られるのが、親父である現社長を否定すること。
僕は、それをしたら余計に自分への信頼は遠退き、自分の組織は創れないと考えています。

今日は、自分の組織を創りたければ親父を否定しないことという話です。

先代や現社長を否定している限り、自分の組織は創れない

人間は、自分を大きく見せようと思った時に、他人を否定する行動に出ることがあります。
ありますよね?
無意識にやっている行為ですが、それで自分に威厳がつくなんて事はありません。
むしろ「ちっちゃいヤツ〜」って思われる。
それなら、自分がいかにスゴイやつか、1人で背伸びをしている方が良いよね。

あ、偉そうに言ってますが僕がそうでした。
先代社長が育てた社員に認められたい一心で、先代のやり方がいかに間違っていたかを説いた事がありました。

でも、僕が言っていることが正しいかどうかの問題じゃなく、先代が育てた社員はそれを聞いたら自分も否定された気持ちになるんだよね。
これまでやってきた事を否定されたら誰だって嫌になりますよね?
僕が採用した社員だって、文句ばかり言っているような人に魅力は感じません。

だから先代や現社長を否定している限り、自分の組織は創れないと考えます。

先代への感謝の上で、自分の時代を創る

僕は先人に感謝できる人だけが自分の組織を創ることができると考えています。

理由は単純です。
今がどんな状況にせよ、今があるのは先人たちのやり方が正しかったのです。
「正しかった」と過去形で言っているのは、今の時代にはマッチしないことも多いからです。
でも、正しくなかったら今頃、会社は潰れていますよ。

その認識が基礎にあるかないか?その違いだと考えます。

「先代、現社長、それを支えてくれた人たちのおかげで今がある。それを基礎にさらに良くして行く、発展していくために僕がいる」

そのひとことが言えるかどうかです。

後継者長は、何かと親父と比較されることがあります。
社員にもお客様にも。
特に現役を退いている場合、さらに他界した場合には美化されますから、その分、比較も激しくなります。
その時って、どうしても親父を否定したくなりますが、そこが勝負どころ。

言っている人だって、そんなに真剣に考えて言っているわけではないですよ。

「本当におかげ様です。もっと良くなりますよ!」

そんな言葉が言えると良いですね!

それでは今週もがんばりましょう!

また明日。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して