*

香水の匂いや甘ったるいワインの香りが蘇る、静かで情熱的な曲

おはようございます。

僕は、今になって「ノルウェイの森」を読み返しています。
どうしても不可解な部分があったから。
急に気になって手に取りました。

放埒でだらしないオトコとオンナ。
知性と官能が調和していない、未熟な淫靡さ。
でも、どうしようもない生命の欲望が切々と綴られている。

でも不可解。
映画版を見れば分かるかと思いきや、余計に混乱した。

でも、映画の中で使われていた、とてもカッコいい情熱的な曲に出会えました。
ジム・モリソンかな、と思って調べたらやっぱりドアーズだった。

ずっと残る香水の匂いや、甘ったるいワインの香りを思い出す、静かで情熱的な曲。

The Doors

「Indian Summer」

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
社長の望むものを社員も望んでいるか?「我々化」で自律型組織を加速させる

経営の要諦は「社長が望むものと、周囲が望むものを上手に統合すること」…

理想が高い社長が陥る人材育成の典型的な失敗

高い理想を持つことは非常に大切なことですが、こと人材育成に関しては裏目

企業には目標や緻密な計画を持ってはいけない時期がある

今、多くの企業がビジネスモデルの転換を迫られています。 成熟期に入り、

社員教育をしているのにチームとして育たない時の対処法

ちゃんと社員教育をしているのにチームとしては育たない…そんな事がよく起

論理的に伝えるだけでは組織は動かない。情動に訴える「声の経営」をしよう

企業の経営計画書は面白くない…僕は常々そう感じています。 「面白いとか