80年代のファッションは恥ずかしい、未来人のファッションも恥ずかしい

おはようございます。

最近、未来予測に凝っている米澤です。
別に、何かに役立てようとしているわけじゃないんですが、純粋に楽しいのです。
1月3日にNHKに特番で未来学者による30年後の社会を展望する番組がありますが、今からワクワクしています。

そして、これも面白い。

tokyo2061

ネットで拾ってきたもので詳細は不明ですが、僕が子どものころ、雑誌の特集でこういうのありましたよね?
21世紀が、ものすごく遠い未来に思えた時代です。
しかし、大胆な予測ですね。
2061年の東京だそうです。
47年後ですが、すでに実現しているのもありますね。

ビルの上にヘリポートはあります。
室内型野球場もある。
立体的な高速道路もある。

エアカーはまだないですが、47年後には実現していてもおかしくはありません。

そして、実現してほしくないと切に願うのはファッションです。
この手の予測で未来人が来ているファッションは、とにかくダサい。

64946fdc-s

そうとも言えないか。
80年代のファッションは、今からすればものすごくダサいもん。
感性がどう変わるかなんて分かりませんね。

5439000

それにしても未来を描くって面白いですね。

多分、47年後には人工知能を持ったロボット(AI)が人間に近くなって、いやもしかしたらヒトを追い越して、それゆえの便利と社会問題が発生していると思います。
もしかしたら労働がなくなるかも知れません。
そうなると資本主義のあり方も変わるし、教育も変わると思います。

タイムマシンやどこでもドアはもっと先かな?

タケコプターはできていて欲しいな。
夢新聞に参加したある小学生が、結構具体的に実用型タケコプターのことを書いていたから、これは実現すると思います。

o0230031612801537464

想像=創造

人の可能性は無限だと思います。

それでは今年最後の土曜日、楽しくお過ごしください。

また明日。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket