*

雪が舞う街灯の下、キャンドルとコーラで

おはようございます。
バブル後期の1989年、高校3年生のちょうど今くらいの季節に、付き合っていた彼女と夜のデートをしました。
たしかイブの夜だったと思う。
田舎だから何もない。
雪が舞う街灯の下で、メンズノンノの懸賞で当たったキャンドルを灯してコーラで乾杯をしました
白い光に照らされた、冷えた頰の感触は今でも覚えています。

僕は今よりもずっとナイーブで、ちょっとしたすれ違いから逢わなくなってしまいましたが、多分一生忘れないクリスマスの1つだと思う。

当時はパンクばかり聞いていたけど、今だったらこんな曲を選ぶかな。

クリスマスソングではないけれど、すごクリスマスっぽい曲。

Boyz II Men

「4 Seasons Of Loneliness」

 

素敵な日曜日を!

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
部下から「上司のおかげです」と言われたら育成に失敗したと考える

人は認められたい生き物です。他人からの承認は大切ですが、だからといって

創造性は身に付けようと思った瞬間に遠ざかる

「創造性の時代」だと言われて久しいです。 正解がない時代に正解を出す、

ヤル気ゼロのあの人がハイモチベーションになったのはなぜか?

人は自らつくり出した変化によってモチベートされるモチベーションが低

開始時間には厳しいのに終了時間にはルーズな会社は成長しない

制限時間を設定すると時間内に終わらせてしまうものいつも定時に仕事が

朝令暮改に対応できる組織づくりはどのようにすればできるのか?

他人に振り回されると人は仕事が嫌いになる事業計画を立てている会社は