*

【終了】指示ゼロ経営の疑問をぜ〜んぶ解消する座談会

指示ゼロ経営を導入しようとする方、既にチャレンジしている方からよく聞く、こんな疑問!

「まったく指示しちゃいけないの?」
「どうして社員1人1人と関わっちゃいけないの?」
「社長は何をするの?」
「社員が2人しかいなくてもできるの?」
「バラバラ好き勝手にならないの?」

「司令塔がいないと作業が回らないんだけど…」
「何で褒めたり叱ったりしちゃいけないの?」
「給料を自分たちで決めたら『月給100万円』なんて言い出しそう」
「指示ゼロにしたらNo.2が指示を出し始めたんだけど…」
「任せてたら、何もしないような気がするんだけど…」

「馴れ合いになりそう」
「経営のスピードが遅くなりそう」
「責任の所在が曖昧になりそう」
「ストレスになりそう」

そして、「そもそも指示ゼロ経営なんて必要なの?」

ふう、疲れた…(笑)

これらを全部解消しちゃおう!という座談会を開催します!

指示ゼロ経営とは社長・上司がいちいち指示命令をしなくても、社員集団が自分たちで課題を発見し、自分たちで考え、助け合い、学び合い、時に叱咤し合いながら行動し成果を上げる状態を言います。

お陰さまで指示ゼロ経営を導入する企業が増えてきました。
書籍「ティール組織」や「ホラクラシー経営」が話題になり関心を持つ方も増えてきました。
ところが同時に様々な疑問が生まれています。

そんな疑問を出し合って、事例を紹介しながら研究する座談会を開催します。

上記の疑問、まさに私も持っている!という方から、
指示ゼロ経営入門編として、まずは知りたいという方もOK。
この機会に疑問を解消し、指示ゼロ経営を加速しましょう!

昼の部と夜の部を開催、1日2回参加もOK! お待ちしております

【日時】
2018年4月19日(木)
「昼の部」:13時30分〜16時30分
「夜の部」:18時00分〜21時00分
※ナビゲーターが昼夜ダブルヘッダーの都合上、懇親会は特に設定しませんが、
悩みを相談された参加者の皆様とご自由に交流いただければ幸いです。

【場所】
たくらみベース
株式会社こきょう 株式会社たくらみ屋 会議室
〒550-0002大阪市西区江戸堀1丁目10-11 マルイト江戸堀ビル201号
地下鉄四つ橋線 7番出口 徒歩1分
地図はこちら
https://takuramiya.com/hideaway/

【ナビゲーター】
米澤晋也(たくらみ屋) & 森本繁生(たくらみ屋)
https://takuramiya.com/blog/
【定員】20名

【参加費】10,800円(税込)
4月13日(金)までに下記口座へお振り込み下さい。
※手数料はご負担下さいませ。

お振込先:りそな銀行 泉北支店
(銀行コード0010  店番号227)
普通 0363902 カ)タクラミヤ
(株式会社たくらみ屋)

【主催】株式会社たくらみ屋

【参加方法】下記フォームよりお申込みください!

お名前
会社名
TEL
メールアドレス
メールアドレス(確認)
参加人数
希望の部(両方も歓迎!)
お問い合わせなど

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
手を休めることなく働いている会社は危険。適度なゆとりが儲かる会社の秘訣

1人1人が手を休める暇もなく働いている会社はダメ助け合うチームは成

伝説のゲームから学ぶ、仕事を楽しいものに変える3つのポイント

世の中には仕事が楽しくてしょうがないという人もいます。一方で苦痛だと感

社員が「ご機嫌で」働くことを目的に置いた企業が繁栄する時代になった

社員の幸せと業績には相関関係がある僕が社会人になった頃、「足で稼ぐ

社長と同じように会社を思う社員が欲しければ「統合の経営」をせよ

多くの経営者の悩みに「社員の他人事」があると思います。 会社の業績に関

10年後に若者から選ばれる会社になるために今すべき事

僕がPTAをやっていた時に「お子さんにどんな人に育って欲しいか?」とい