*

「変わらない」「進化しない」「成長しない」という決断もありだと思う。

変化に適応した者だけが生き残る「適者生存」は自然の法則で、企業にも当てはまります。
だから企業はがんばって変わろうとするのですが、中には昔からまったく変わっていない(変われない)業界もあります。
いつも「変わらなきゃ」「従来の発想にとらわれず…」なんて言っているのに全く変わっていない業界・企業も結構多いと思います。

変われなければ滅ぶのを座して待つだけ…そう思っていましたが「変わらない」という選択肢もありなんじゃないか?と最近、思うようになりました。

今日は、(オススメはしないが)「変わらない」という選択について書きたいと思います。

変わらないまま生き続ける生物もいます。
シーラカンスやカブトエビがそうです。
どこに生息しているかは知らないが、地球上のどこかでひっそりと生き続けています。
脚光を浴びることもなければ隆盛を極めることもない…限られた環境下で少数で生きています。彼らが楽しい毎日を送っているかどうかは知りませんがね(笑)
そういう生き方を大自然が許しているのなら、ビジネスの世界にもそんなあり方があると僕は考えているのです。

例えば、以前にネットで「靴べら」の売上推移のグラフを見たことがあります。
驚きました…
これ。

横一直線じゃん!!

まさに低め安定のお手本ですね。
これで幸せな商売ができているなら変な向上心は持たなくて良いと思います。
不幸になるから。

毎日、毎年、淡々と同じことを繰り返す。
勿論、すごく儲かるわけじゃないけど、だからこそライバルの参入もほとんどなく、低め安定で生きていける世界だと思います。

欲も持たないがが変なストレスもない。
もしかしたら幸せな人生を送る秘訣かもしれません。

そもそも僕らは誰からともなく多くの刷り込みを受けていると思います。
その1つが向上心です。
「より多く売る」「前期よりも業績を良くする」
これって誰が決めたことなのかな?とはたと思いました。

変わらない、変われない業界・企業は、もしかしたら確固たる意志で変わらない決意をするのもありかと思います。
それを「シーラカンス宣言」と呼ぶことにしました(笑)

それを選択したなら変な欲は持たないことだと思います。
成長がないということは所得も増えません。
それを甘受する覚悟です。

実際に、僕の知り合いにその選択をした人がいます。
彼は農家なのですが、一切の向上心を持たずに毎日、お米づくりに励んでいます。
向上心がない=怠惰というわけではありません。
毎日、心を込めて農作業に打ち込んでいます。
お天道様に感謝して、幸せな気持ちで生きています。

僕はとても素敵な生き方だと思いました。

進化を目指し、水から陸に上がるのもよし。
シーラカンス宣言をするのもよし。

一番良くないのは変わる意志がないのに、変な向上心を持って今を否定することだと思います。
僕は…欲が深いので陸に上がる選択をしますよ(笑)

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい!

 

【現在受付中のセミナー】

■【間もなく満席】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー
ワークを通じて、賃金が増えた喜びや、評価に納得しないといった体験をしながら最適な賃金制度を学ぶセミナーです。
昇給や賞与を計算するデータ資料が参加特典でつきます。
http://www.shijizero.jp/archives/5176

■【大好評受付中】第5回たくらみ合宿
業界の常識を覆す飛躍的なたくらみを具体的ななカタチに!
たくらみを社内外に伝染させムーブメントを起こす!
2泊3日の合宿です。
http://www.shijizero.jp/archives/4730

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
商売を「喜びの循環」の視点で観るとやるべき事が見えてくる

商売は利益ばかり追っていると儲からない、人の喜びを追求すると永く繁栄す

これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている