*

【受付終了】第5回たくらみ合宿「TOC&アイデア理論&指示ゼロ経営」

第5回たくらみ合宿 TOC+アイデア理論+指示ゼロ経営を開催します。

【なぜ、たくらみが必要なのか?】

あなたの会社は「顧客から見て」他と違う魅力があるか?
独自性の高い商売になっているか?
たくらみに満ちた会社か?

今はモノを作って売る、仕入れて売る…モノやサービスの供給だけでは顧客を魅了することは難しい。
従来通りの「◯◯屋」の上にどれだけ付加価値を乗せても限界があります。
メディアが取材に来るような話題性と社会性を持った業態に変革することが求められると考えます。
「そうきたか!の驚き」「特別な体験ができる世界観」「その世界観に参加している誇りと快感」
そんな会社を目指します。

【どうすればそうなれるのか?】

今ある経営資源と「異質なもの」を組み合わせアイデアを産み落とすこと。
その共感者を、まずは社内の人間、次に社外の人間に伝染させていくこと。
「アイデアを出して」→「みんなを巻き込み実行して」→「諦めずに続ける」
これに尽きると思います。

って「それが難しいんじゃん!」って感じですよね?
というわけで、たくらみ合宿を開催します!

【どの様にたくらむのかか?】

ステップ・バイ・ステップでたくらみを具現化していく合宿セミナーが「たくらみ合宿」です。
たくらみには「場」が必要…
「いつもと違う空間」+「正しい考え方・視点」+「異質な経験や知識を持った『たくらみ仲間』」が必要だと考え、特別な場創ることにしました。

講師が一方的に喋るのは、講師の充実感には貢献しますが参加者には得るものが少ない…
ということで参加者同士のワイガヤで「飛躍的なアイデア」を出すことを目的としたプログラムをご用意します。

とは言っても、たくらみには作法があります。
「考え方」「視点」「ツール」です。

【何をやるのか?】

3人に講師が「考え方」「視点」「ツール」をご紹介し、それを使い参加者の皆さんと創発(ワイガヤ)をします。

講師1「森本繁生」

morimoto
「ザ・ゴール」で有名なTOC理論で自社のボトルネックを探します。
病気は根本原因を直さずして、症状に手を打っても良くなりません。実は根本原因は1つか2つ、そこを見つけ手を打ちます。
根本原因に手を打つと、そこには別世界が広がります。
森本繁生氏のブログはこちら
http://shigeomorimoto.jp/

講師2「福井直樹」

fukui

「アイデアは偶然の産物」「アイデアマンと呼ばれるのは才能のある人だけ」と言う誤解を解き、アイデアは「必要な時に出せる(再現性)」「誰にでもアイデアをカタチにできる」
ひらめき財団でアイデア理論を展開する「ヒラメキとアイデアをカタチする魔術師」です。
アイデア理論についてはこちら
http://hiramekidan.org/ideastheory/introducing.html

講師3「米澤晋也」

0040_original

「共通の目的・目標を、1人1人が個性を発揮しながら、共創・協働で実現する集団」…指示ゼロ経営の提唱者。
社員が自分たちで課題を発見し、たくらみ、ガンガン行動して成果を上げる、指示命令では実現しないダイナミックな集団を創ります。
指示ゼロ経営ブログ
http://www.shijizero.jp/

自社の現状を正しく把握し→そこから飛躍的なアイデアを出して→社内外の共感者を巻き込んでいく。

そのために必要な全てを学び、実行アイデアを出していきます。

【開催要項】
※このセミナーは受付を終了いたしました。

■日時:2017年10月17日〜19日(17日の13時スタート、19日の17時終了)
■場所:ミクルクリエイティブヴィラ(大阪府阪南市尾崎町1丁目37-2)
http://villa.mikle.com/villa.html
■定員:10名
■参加費:162,000円(税込み)
■お申込み方法:下記申込みフォームよろしくお願いします。

お名前
会社名
TEL
メールアドレス
メールアドレス(確認)
参加人数
お問い合わせなど


 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行

時代は「競争」から「共創」へ移り変わっている

今、時代は「競争」から「共創」へ移り変わっていると思います。 争うので