*

「自分が独裁者になるはずはない」そう思っている社長ほど危ない

中小企業の社長は「お山の大将」に陥りやすいと思います。
権限と権力を履き違えて独裁者になりやすい。
程度の差こそあれ、そういう社長は多いんじゃないかと思います。
しかし、それでは社員さんは思考停止になるし、判断基準が「社長がどう評価するか?」になり、個性を活かした真の力は発揮できません。
 
独裁的になるのをどう防ぐか?
今日はそんなことを考えたいと思います。
 

自分も独裁者になる危険性があることを自覚する

以前に「罵倒観音」という言葉を聞いて、思わず吹き出してしまいました。
馬頭観音じゃないよ「罵倒」だよ。
ある会社の社長のあだ名だそうですが、とにかくパワフルな方だそうです。
超トップダウン、指示100経営…
最近テレビを賑わせている国会議員みたいな人を想像してしまいました…
 
「ちがうだろーーーーーー!」(笑)
 
その方は創業社長だそうですが指示100で会社を大きくしたんだからとても有能な方だと思います。
しかし、会社が大きくなり、もう社長1人の力では立ち行かなくなってきたそうです。
と、分かっていてもなかなか罵倒観音から脱することができず悩んでいるとか。
 
社長の意識変革も大変ですが、その文化で育った社員の意識はなかなか変わりません。
 
「エレファント・シンドローム」という言葉があります。
子象の時から大きな木の杭に繋がれ自由を奪われた象は、大人になって自分の力で杭が抜けるようになっても、それをしないと言います。
 
einbrechen
 
これは世代を超えて起こります。
指示100の先代から引き継いだ後継社長が指示ゼロ経営を目指す時に同じ課題に直面します。それだけ根が深いんだよね。
指示命令を出さないと動かないから、気がつけば指示100になって、さらに自分でも自覚しないうちに独裁者になっていた…そんなケースをいくつも見てきました。
 
中小企業の社長は独裁者になりかねない。
まずは、それを自覚することが大切だと思います。

心の「闇」を自覚することが制御する第一歩

偉そうなことを言っていますが、僕だって、先代の独裁ぶりを反面教師にしたはずなのに、気づけば独裁的になっていた時期がありました。
だから、あの国会議員の声を聞いてドキっとしましたよ。
 
20年も前のことですが、ある社員が新聞代の集金を遅らせたことがありました。
独裁者って実は弱くて、相手に否がある時に元気になるんだよね…
「会社の金が回らなくなったらどうしてくれるの?」
「倒産したら責任取れるの?」
そんな言葉を浴びせた事がありました。
 
ここからがキレイ事を抜きにした本題です。
その時に僕がどう思ったか?
すごくスッキリしたんです。
当時、業績が下がって怯え、ストレスを感じていたから、それを発散してスッキリした。
 
僕が人間的に劣っているのか?
先代の独裁ぶりを見た時に「経営者はああなっちゃいけない」「自分にはそういう部分はない」と思っていました。
でも、やってしまった。
 
人間には「そういう部分」があるのだと思います。
それが出るか出ないか?の違いだけだと考えています。
環境が変われば、心の状態が悪くなれば出てしまう可能性がある…そう思っています。
 
マザーテレサは「自分の中にヒトラーがいる」と言ったそうです。
武田鉄矢さんは「本当の善人は、どこかで悪人の覚悟をしている」と言いました。
それを自覚している人は、それを制御できるのだと思います。
ない人は、自覚していないものをコントロールすることはできませんから無自覚のうちにとり憑かれてしまうのだと思います。
 
立派な人になろうとするなら、まずは自分の心に潜む「闇」を捉え自覚することが大切だと思います。
 
「自分にはそういう部分はない、あんな事を言う人はおかしい」…そう思っている人が一番危ないと思います。
 
経営者は独裁者になりやすい。
孤独やストレスが大きいから、自覚していないと危険だと思います。
 
自由闊達な集団を創るには、まず外部ではなく内面に目を向けることが大切です。
 
それでは今日は自分の闇を観る、素敵な1日をお過ごし下さい!
 

【現在募集中のセミナー】

【大好評 受付中】 第4回たくらみ合宿
業界の常識を覆す飛躍的なたくらみを具体的ななカタチに!
たくらみを社内外に伝染させムーブメントを起こす!
2泊3日の合宿です。
 
【受付中】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー
ワークを通じて、賃金が増えた喜びや、評価に納得しないといった体験をしながら最適な賃金制度を学ぶセミナーです。
昇給や賞与を計算するデータ資料が参加特典でつきます。
詳しくはこちらをご覧ください!
The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
賢い社員が育つ「車座」「課題だけ」「未来のテーマ」

会議は、企業のこれまでと未来の可能性が丸ごと表れると思います。

これからは社員とお客様の区別がない企業が増える

これからは「売り手と買い手」という関係がなくなる企業が増えると思いま

ゴールと大まかなシナリオだけ決めたら、綿密な計画は立てずに行動すべし

仕事の基本に「PDCA」がありますが、僕はこの中で「P」よりも「D」

「原点に立ち返るべき」と言うけど…原点とは何かのか?

よく会議などで「原点に立ち返り〜」って偉い人の訓示があります

どんな状況も追い風にしてしまう発想法

モノではなく人間の欲望にフォーカスする 最近、気付いたんですが、こ