*

広げなくても「広がっていく」活動をする人が持っている基本発想とは?

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 日常の気付き, 顧客を自社の応援団にする

よく「ご縁に感謝」という言葉を使いますが、それが単なる言葉のオシャレになっている事が多く、実践がされていないことが思います。
これを本当に実践した人が手にする「宝」があります。
今日の記事は先日参加した「福島ひまわり里親プロジェクト」の発表会で気づいた「広がる活動」について、自戒の念を込めて書きますね。

IMG_1859

なぜ「福島ひまわり里親プロジェクト」は広がったのか?

まずは、「福島ひまわり里親プロジェクト」について簡単に説明します。
全国17万人以上が参加した同プロジェクトは、全国からヒマワリを育ててくれる「里親」を募り、福島から彼らにひまわりの種を送ります。彼らが自分の土地で育てたヒマワリの種を福島に送り、福島をヒマワリでいっぱいにしようという企画です。
福島復興のシンボルになっています。
1つの種が500個以上の種になるので、賛同者が増えると福島がヒマワリだらけになるという仕組みです。
さらに福島のヒマワリの種は、エネルギーとして福島県内でバスの燃料になるのです。
すごい発想でしょ?

この企画の成否を分けるポイントは「共感者、賛同者をどれだけ創れるか?」ですよね。
先日の発表会でも、この活動に共感した長野県内の主婦が、ご近所や地元の小学校を巻き込んでいく様子が発表されました。

その最大の秘訣が、冒頭の「ご縁に感謝」を本当に実践できるか?だと気づきました。
だって、いくら近所とは言え、いきなり「一緒にひまわりを育てましょう!」って言われても困るじゃん(笑)
声をかけた人と日頃、どれだけ人間関係を創ってきたかで決まりますよね。
つまり「ご縁に感謝」を本当に実践した人だけが、まわりを巻き込むことが出来ると思うんです。

そして、発表会の最後に、このことを痛感した出来事がありました。

ご縁を大切にした人だけが手にする「宝」

僕が会場を出ようとした時、牛山さんという実行委員会の男性が僕に「渡したいものがあるんです」と声をかけてきました。
それがこれ。

IMG_1930

その方のお子さんが書いた、僕に宛てた感謝の手紙です。
実は、約2年前に、その子は夢新聞教室に参加してくれたんです。
とても楽しんでくれて、昨年のひまわりプロジェクトの発表会でも僕に手紙をくれた。

その時も「凄い子だな〜」と思ったんですが、今年は凄いを超え、感動しました。

こんな事、僕にできるかな?って。

そして、痛感したんです。
福島ひまわり里親プロジェクトは、こんな人たちが関わっているから全国に広がるのだと。

僕は思いました。
僕も夢新聞や秘密結社の活動をやっていますが、気付けば「広げる」という自分中心の発想になっていた。

彼らの活動は「広がる」ですよね。

根本的、本質的に違う、繁栄の理がそこにはあった、そう気づきました。

同時に、この発想は成果を上げるだけでなく、人が幸せな人生を送るために大切なことだという事に。

ご縁を大切にする…これを言葉の遊びではなく、本当に実践しなきゃね。

それでは今週も素敵な週にしましょうね!

また明日!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
相手のことを知り尽くさないと「たくらみ」はできない

最高のサービスとは、相手に「そうきたか!」という驚きを提供できるも

新プロジェクトを成功させるために、初期段階でやるべき2つのこと

仕事は結果がすべてです。 だからこそ、そのためには過程を

【受付中】指示ゼロ経営ショートセミナー in 大阪

【指示ゼロ経営って何?】~指示待ち社員が自分で考え動く社員になる~

経営は「自分の望み」を「みんなの望み」に昇華される営み

成長する事業かどうか?のモノサシの1つは「メディアが取り上げる」「

儲かる会社、社員の自発性が高い会社には「たくらみ」がある

企業の活動はここぞという時に、一気に波に乗ることが大切だと思います