*

既存のジャンルに縛られていたら新しいものは創造できない

ノーベル文学賞がボブ・ディランに決まりましたね。
最初にこの報道を見た時は本当にビックリしました。

「まだご存命だったの?」って…
そう思わせるくらいの伝説です。

いや〜、僕はてっきり作家活動をしての受賞かと思ったのですが、相変わらずミュージシャンなんだよね。
調べたら今年も来日しています。

歌詞を文学と評価されての受賞、ノーベル選考委員会やるな〜

僕は常々、ジャンルって不自由だと感じています。
JAZZというジャンルが決まると、「JAZZとはこういうもの」という縛りが出来てしまう。
でも、元々JAZZを始めた人たちは自分が感じた感情やエネルギーを自由に感性で表現しただけなはずです。

自然と出来上がった。

僕もそうですが、新しいタイプの音楽が出ると、既存のジャンルに当てはめて「JAZZ的でありながらファンクでもある」なんて評論をしてしまいます。

もっと純粋に音楽を愉しめよ!って感じだよね。

ビジネスの領域でも、これからの時代には、これまでになかった商品やサービスが次々と生まれてくると思います。

斬新なものを開発できる人って知識や経験を持ちながら、過去のジャンルに縛られない人だと思う。

「脳内自由化計画」

課題だな〜!

で、今日はこの曲。
トランペットだって立派な歌詞になる、そんなことを思わせる曲です。

Jazz Not Jazz

「Still Makin’ It」

 

Everything’s gonna be alright.

誰も縛らない、誰にも縛られないあなたが大好きです!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
商売を「喜びの循環」の視点で観るとやるべき事が見えてくる

商売は利益ばかり追っていると儲からない、人の喜びを追求すると永く繁栄す

これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている