*

記憶のかけらを拾い集める

今日は業界の仲間の結婚式です。
この歳になると結婚式よりも葬式の方が多くなるんだよね(笑)
だから、とても嬉しい。
でも、娘が結婚できる年になり、父親の気持ちが分かっちゃう。
複雑な気持ちです。

先月は、元スタッフの結婚式がありましたが、最後は酒の力もあって、グシャグシャに泣いてしまった。

あの涙の正体は何だろう?
そんなことを考えます。

悲しいのか?…ちょっと違う。
嬉し泣き?…それも違う。

卒業式で流す涙と同じじゃないかと思います。
あるいは過酷なトレーニングに耐え、勝利を掴み取ったアスリートの涙と同じ。

積み重ねてきたものがある。
その結実に感動するのだと思います。

新婦の「今ままでありがとう」の手紙が、単なる決意表明だったら感動しないよね?(笑)

式という形で、サナギが蝶に変わるように、新たな進化を遂げるのだと思います。

結婚式のもう1つの楽しみは音楽です。
今日はどんな曲が流れるのか、今からワクワクしています。

新郎新婦入場でこんな曲が流れたら、それだけで泣いちゃいそうです。

 

T君、末永くお幸せに!

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」