*

女性に「私と仕事、どっちが大切なの?」と聞かれたら何て答えるか?

AIが発達すると、これまで人間が行ってきた仕事がなくなると言われています。
10年後に消滅する職業なんて特集がビジネス雑誌であるでしょ?
おそらく、想像を超える速度で変革が進むと思います。

それに伴い、多くの研究者が注目している事の1つに、AIの発達により「人間とAIの違いが明確になる」ことがあるそうです。
限りなく人間に近づくことで、決定的な違い、差が分かるという期待です。

人間にしかできないこと。
きっとあると思います。

その典型が感性です。
感性はものすごく複雑な領域で、人間だってこれを育むのに苦労しているもんね。

感性の学術的な定義は難しいのですが、僕はこう教えられました。

「相手や大衆の気分・気持ちを察して適切なアウトプットを出せる能力」
例えばね、失恋で悩んでいる親友に何て声をかけるか?
相手の気持ちを察して適切な声がけができる人は感性豊かな人。

「女なんて他にもたくさんいるぞ」

…アウトですね(笑)

奥さんの愚痴を聞かされた旦那が、それを真面目に聞いて解決策を提示するのもアウトです。
ただ辛い気持ちを聞いて寄り添って欲しいだけ、そんな事が多いと思います。

奥さんに「私と仕事、どっちが大切なの?」と聞かれて、「そりゃ、キミを大切に思うからこそ仕事を頑張っているんだよ」なんて答えたらアウトです(笑)

ややこしい領域なのです。

人間にしかできない事をする。

これからの時代のキーワードです。

例えば、量子コンピュータが発達すると、問いを投げかける前に答えが出るという現象が起こるそうです。

例えば、これは高速道路のサービスエリアのトイレに貼ってあったポスターです。

IMG_8902

忘れ物に気づく前に便器が教えてくれる(笑)
量子コンピュータではこれと同じようなことが可能になるのです。

気が利くよね。

でも、実はこの女性は失恋して、彼からプレゼントされたバックを、思い出とともに消したくてトイレに置いてきたのかもしれません。

まだAIにはその心の機微は理解できない。

失恋した女性が海に向かって指輪を投げた時に、家に帰ったらAIから「落し物があったのでお届けしました」なんて言われたら、ぶっ壊してやりたくなりますよね?(笑)

images

人間にしかできない領域はたくさんあります。

それを仕事で開発すること。
これからのビジネスはシステムの効率化、合理化といった、これまでやってきた事とは真逆の発想が必要です。

人間だけが持つ不合理や非効率、矛盾…そんな抽象的な事象を理解できる感性が大切だと思います。

ビジネスパーソンは論理脳に偏りがちですから、週末は思いっきり芸術にでも触れてみませんか?

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人は善良で真面目ゆえに会社を機能不全にしてしまう

よく「仕事が終わったら次の仕事を探せ」と言いますよね? 就業中は暇な時

何度言ってもミスをする社員が一緒で変わった「ある情報」とは?

誰にでもケアレスミスはありますが、現場のミスは顧客離れに繋がるので、で

人間関係の摩擦に「上手に折り合いをつけ」成果を出せるのがプロ集団

職場に人間関係の摩擦はつきもので、避けることは難しいと思います。 和気

小学6年生の少年から学ぶ「あえて他人と違う道を選ぶ生き方」

今、そしてこれまでの人生で何かに熱中した経験は誰にもあると思います。

潜在能力とチームワークを高める「カウントダウン」の時間管理法

人は「残り時間」を意識すると意識の変容が起きる時間管理という言葉が