*

寿司屋の板さんがジャニーズ系だったら嫌だ。 〜デザインの大切さについて〜

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 感性マーケティング, 感性社会の経営, 日常の気付き

お客様の気持に寄り添い、お客様との全ての接点で心地よさを提供することが大切、先日そんな事に気づく学びがありました。
先日、親友たちとプライベート合宿を行いましたが、その時に「感性のデザイン」について面白い話を聞きました。

IMG_0312

大自然の中の合宿でした。
最高のメンバーと最高の時を過ごしました!

商品の利便性は勿論ですが、それを使う時のユーザーの気持ちを盛り上げる演出が大切だという話です。

例えば、BMWのZ4というスポーツカーがあります。
「世界一キザなヤツが乗るクルマ」との異名を持つ、ナルシストのためのクルマですが、いちいち細部に対するこだわりがあります。

BMWに乗る時の僕の行動と、その時の心地よさを挙げると次のようになります。

「クルマを見る」→「いつ見てもセクシーやな〜」
「鍵を開ける」→「ハザードが点滅して、オレの呼びかけに応えてくれた感じがする」
「ドアを開ける」→「なぜか1cmくらい窓が開く」→「意味がわからないがカッコええ〜」
「乗り込みドアを閉める」→「1cmくらい開いた窓がザッと閉まる」→「意味がわからないがカッコええ〜」
「夜の場合、エンジンをかけてライトがつくと、一緒だけライトが上下に素早く動く」→「マシンに生命が宿ったみたいでカッコええ〜」

意味が分からないものもありますが「クルマに乗る」という行為が断然、面白くなるよね。

これが接点で心地よさを提供するということです。
しかもZ4のイメージ合った演出です。

他にもね、ダイソンの掃除機って、ゴミが溜まる部分が透明になっていて、吸い込んだゴミが見えるんです。
スケルトンってヤツね。
見た時に何も疑問に思わなかったし、妻が掃除をして「こんなにゴミが取れた〜」って騒いでいるのを聞いても何も気付かなかった。

あれ、意図してスケルトンにしているんですって。
「掃除の成果の見える化」
充実感があるでしょ?
普通は汚いものは見えないようにする。

ダイソンは掃除機だけでなく掃除のモチベーションも提供しているのです。
掃除に求める心地よさを、さらに演出しているのです。

商品・サービスの機能・性能自体に差異がない時代です。
これからは、それを使う時に「お客様が感じたい快」をさらに盛り上げる演出が大切です。

例えば、殺虫剤だったら「ブシュー」って攻撃している感覚を更に盛り上げる。
寿司屋の板さんがジャニーズ系だと嫌だ(笑)
指示ゼロ経営セミナーでは「悪の秘密結社に入ったワクワク感」を盛り上げる(笑)

あなたの商品・サービスを使う時の「快」は何だろうか?
それが分かれば盛り上げ方も見えてくると思います。
お客様との全ての接点でできる演出があるはずです。
それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

また明日。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
経営は「自分の望み」を「みんなの望み」に昇華される営み

成長する事業かどうか?のモノサシの1つは「メディアが取り上げる」「

儲かる会社、社員の自発性が高い会社には「たくらみ」がある

企業の活動はここぞという時に、一気に波に乗ることが大切だと思います

自然界に矛盾はない。経営の歪は社長の「力づく」が生んでいる

「押してダメなら引いてみる」という名言があります。 自然

よく行動する社員を育てたかったら「失敗してもいい」と伝えよう

僕はセミナー講師として、参加者の多くが実践してくれることを望みます

アイデアを確実に形にするために、まず最初にやるべきたった1つのこと

何か新しいことを始めようとアイデア会議を行った。 「じゃ