*

歳をとっても、時には青臭いことが言える人になりたい

昨日は、指示ゼロ経営セミナー in 福岡でした。

また秘密結社の仲間が増えました(笑)
しかも、二次会の店の名前が「アジート」…最高だよね!

IMG_0230

さて、僕は飛行機で移動する出張が好きです。
何が魅力かって「保安検査」

あのドキドキ感はたまりません。
「鳴るか?鳴るか?」ってワクワクしちゃう。
あ、鳴って欲しいんだけどね(笑)

以前に、夢新聞で鹿児島県に行った時なんか、ハサミを5つも持って行って止められました。
しかも、夢新聞で使う「指令書」が出てきて「コレなんですか?」って聞かれ、挙動不審になりました(笑)

IMG_7378

今回は家族が観光でついてきたのですが、高3の娘の筆箱にカッターが入っていて没取されました(笑)

止められた時の娘の同様が可愛かった。
タバコを見つかった高校生のような挙動不審ぶり。
その後、ハンドバックを置き忘れて保安官が追いかけてくれたんですが、その時もビビッてた(笑)
純粋なんだな〜!と思いましたよ。

僕にもそんな時期があったな。

逞しくなっても繊細な感性は忘れたくない。
オジサンになっても青臭いことを言っていたい。
ただ、若いころと違うのは経験も技術もあるし、何より仲間がいる。
絵に描いた餅を食える餅に変えることができるのだ。

さて、今日は家族と福岡を観光します。

純粋な心を思い出すには良い時間だと思います。

さて、僕が学生時代、1993年に聞いた懐かしい曲を聴きながら福岡散策をしようと思います。
福岡出身のアーティストです。

Small Circle Of Friends

「Sittin’ On The Fance」

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人の心に響く言葉を使うリーダーは、どんな言葉を選んでいるのか?

組織開発とリーダーが使う言葉には大きな相関関係があると思います。 元気

上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない