*

「やがて存在をこの世から消す時が来る」それを前提に生きる

今日は、夢新聞の認定講座、大阪第2期生です。
新たに4人の「伝でん夢師」の誕生です。
「え!?伝でん夢師って何?」って思いました?
夢新聞の講師をそう呼ぶのです。
現時点で、全国に30人の仲間がいます。

さて、「伝でん夢師」のネーミング発案者は、夢新聞協会の理事、ハムちゃんこと浜武之です。
あ、ハムちゃんの痛快なエピソードがあるので、この記事を読んでね。
「損得勘定を超えた行動軸が幸せに成功する秘訣である」
ハムちゃんは夢新聞の開発者でもあります。
要するに新しいことを生み出すのはいつもハムちゃんなのです。

キャラクターは「ドリペコちゃん」
夢新聞協会の正式名称は「一般社団法人ドリームペーパーコミュニケーションズ」
略して「ドリペコ」ね(笑)

で、ドリペコちゃんはこちら。

11118875_803697493054278_891611729_n

ドリペコちゃんと悟くん

未来の新聞を配りながら、子どもたちの夢を応援しています。
ドリペコちゃんはカタツムリですので塩分に弱いのです。
溶けてしまう。

実は、ドリペコちゃんは近々絵本になります。
ちょっと悲しい話です。
ずっと応援をしていた悟くんという男の子がいるのですが、彼が夢を叶えた瞬間に立ち会うことができなかったです。
悟くんは会場中を見渡します。
でも、どこを探してもドリペコちゃんがいない。
「絶対に来てくれるって約束したのに…」
とても残念がりました。

11188075_473260939491286_703388878_o

「『汗』と『涙』の結晶、その瞬間にドリペコちゃんにだけは来て欲しかったのに…」

そう思った瞬間に、悟くんは気付きました。

11131793_462260493924664_154747023_n

もうお分かりですよね? ドリペコちゃんが来れなかった理由が…

僕たち伝でん夢師は、この物語を教訓にしています。
主役は自分じゃない、参加者であることを忘れないようにするために。
講師が偉くなった気分にならないように。

「どうせ、最後は消えてなくなるのだから」
そんな心構えで夢新聞教室に臨んでいます。

悟くんが会場を出たその瞬間…
カランカラン…と悟くんの目の前を見慣れた姿が風に吹かれて転がりました。

さて、今日も熱い講座になりそうです。
僕も全身全霊で望みます!

あなたも素敵な週末にしてください!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
勉強熱心は良いことだが、学んだ知識に縛られ発想が乏しくなっていないか?

学ぶことは人生を、ビジネスを豊かにしますが時として学ぶことでバカになる

人は善良で真面目ゆえに会社を機能不全にしてしまう

よく「仕事が終わったら次の仕事を探せ」と言いますよね? 就業中は暇な時

何度言ってもミスをする社員が一緒で変わった「ある情報」とは?

誰にでもケアレスミスはありますが、現場のミスは顧客離れに繋がるので、で

人間関係の摩擦に「上手に折り合いをつけ」成果を出せるのがプロ集団

職場に人間関係の摩擦はつきもので、避けることは難しいと思います。 和気

小学6年生の少年から学ぶ「あえて他人と違う道を選ぶ生き方」

今、そしてこれまでの人生で何かに熱中した経験は誰にもあると思います。