*

社員間の温度差を利用して組織レベルを上げる方法

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 学び合い, 組織育成

社員間に温度差があるという相談を頻繁に受けますが、それは健全な状態です。
気にしなくていい。
ただ、やり方を間違えると熱い人と冷めている人の二極化が進んでしまいます。
熱い人の熱がまわりに伝わっていくような状態を作りたいですね。
温度差を常に持ちながら、熱が伝わり組織のレベルが徐々に上がっていくような状態が理想です。

なぜ温度差がある状態が健全なのか?

IMG_3601

グループワークでも温度差は常に出る

最初は組織全体の温度は低いかもしれませんが、熱は確実に伝わっていきます。
伝わっても平準化されることはなく、その中で熱い人とそうでない人が生まれます。
この繰り返しで組織全体の熱が上がっていくというわけです。

伝染が促進する環境づくりこそが社長がすべき仕事

こうした理想的な状態にするには社長は言動に気をつけなければいけません。
集団のメカニズムを理解し、冷静に対応することです。

温度差に悩む会社の特徴は、社長が1人で熱くなっていて社員に対し「冷めてる」と不満を抱いています。
そして、社長が冷めている社員を個別に指導していることが多い。
せっかくの集団のメカニズムをムダにしていますよね。
勿体無いことです。

「温度差はあるものだ」と認識し、低い人を責めないこと。
逆に、高い人を賞賛することもご法度です。
「温度差があるのが普通」ということは高い人も低い人も必要な存在なのです。

そして社員間のコミュニケーションを活発にすることが大切です。
熱が伝染るには接触のコミュニケーションが必要だから。

例えば、ミーティングでは成果を上げた社員が困っている社員に教えるようにすると有効です。
教えることで本人が一番学びになりますし、リアルな実践は人を勇気づけますから、熱が伝染りやすくなります。

社長は静かにしていることを忘れずにね。

集団に温度差があることは健全なことです。
むしろ、それがあるから伝染るのです。

伝染が促進する環境づくりこそが社長がすべき大切な仕事です。

それでは今日もステキな1日をお過ごしください。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
社内には、こんなにも「社員への不信頼の証」がある

「人は信頼には信頼で応える」…これが人間関係の原則だと思います。

社員教育をする前に、社長が自分を育てるのが先です

社員教育に力を入れているのにあまり効果が出ない、そんな事はありませ

儲かる会社は意思決定が速い 〜チームでの意志決定を速める秘訣〜

「経営は意思決定である」と言いますが、本当にそう思います。

規則を社員が自ら決めることで得られる3つのメリット

会社の規則を役職が上の者がつくり、社員に従わせるやり方は組織風土の

この世には、売って信頼を得る会社と信頼を失う会社がある

販売には覚悟がいると考えています。 なぜなら信頼を創るか