*

心の豊かさを求める時代は、自分たちの働き方が商品になる

KWDマーク

生活者が欲求がモノの豊かさから「心の豊かさ」に移り変わっています。
目に見えないもの、抽象的なもの故に、創造性が求められる時代になった。

同時に「心の豊かさ」を知っている人でないと提供はできません。
だから、社員が仕事を通じ、それを体験している…豊かな人生を送ることが大命題になると考えます。
つまらない顔をして働く人に心の豊かさは提供できない、そう思うんだよね。

心の豊かさは、それを体験した人でないと提供できない

企業の理念、ミッション、ビジョンの多くは「世のため人の為」を謳いますよね?
一方で「自分たちがいかに働くか?」は置き去りにされている傾向があると思います。

でも、豊かさを知っている人じゃないと提供できない時代だから、働き方、生き方を真剣に考えた方が良いと思います。

まずは自分たちが実践し体験する→それをお客様に伝える。
他人の心配をする前に、自分をなんとかしろよ!って感じね。

例えば、自律型組織で有名な未来工業には、社内のいたるところに「常に考える」というパネルが貼り出されています。
それを実践している社員さんの話は、非常に説得力がありました。

この時に僕が感じたことは、未来工業だったら、お客様に「常に考える」というコンセプトの商品・サービスを開発して売ったら凄いことになりそうということです。

「実践して、その価値を知っている人が売る」

これがヒントになり、弊社のサービスが変わりました。

自分たちの働き方を商品にしようという発想です。

自分たちの働き方を商品・サービスにするという発想

弊社の目指す働き方は「その人だからできる事で、人に喜ばれ『私ってイケてるじゃん!』と感じられる仕事をしよう」というもの。

それは社内の話ですが、そんな生き方の素晴らしさを実体験として知っている社員は、お客様にもそれを提案したくなります。

「じゃ、やろう!」ってことで、本当にやった。

「その人だからできること」…人が持つ個性や特性、才能を活かして、人に喜ばれる場を創ったのです。
そこで出たキャッチコピーが、人の個性を色に例えた「2万色で描く未来」です。
(町の人口がざっくり2万人ってことね)

具体的には、地域の町内会へ行き、「自分たちの課題は自分たちで解決しよう、地域に眠る資源・宝を再発見して売り出そう」というワークショップを開き、アイデアを出します。

IMG_5250

そこで生み出された宝…例えば「ウチの地区では美味しいキノコが採れる」とか、「紙芝居のサークルがある」といったものを弊社が毎年行っている、産直&クラフト市「おてんとさんぽ」で売ろうよ!と具現化していきます。

 

IMG_7867

非常におせっかいな話だとは思いますが(笑)自分たちが体験した「心の豊かさ」を地域に広げる活動をしているのです。

思いはただ1つ、「私ってイケてるじゃん!」を多く創造したいのです。

この活動が行政から認められ、正式に業務委託を受けるまでになりました。
地域で開発された商品は弊社が売ります。
情報伝達が得意だし、地域で一番販売力がありますから。

そうなると「新聞を仕入れて売る」という業態が、「イケてるじゃん!屋さん」になるわけです。しかも、こうした地域活動を自ら作り出すことで、地域新聞の記事になりますから新聞販売にも好影響が出ますよね?

「自分たちの働き方を商品・サービスにする」

お分かりいただけましたでしょうか?

心の豊かさは提供する前に、自分たちが体験する。
とても大切なことだと考えます。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」