*

己の個性を知り、今の商売に活かすと商売は圧倒的な独自性を放つ

IMG_8931

同質な企業同士の競争は熾烈な値引き合戦に陥りますが、独自性の高い商売はそういうストレスとは無縁です。

では、独自性はどこから生まれるのか?という話ですが、僕は最終的に「経営者の個性」に行き着くと考えています。
今の時代、商品・サービスも機能もだいたい同じですし、新しいことをしてもすぐにマネされてしまいます。
それは差別化の領域で、独自性はもっと根本的な違いだと思います。

「その人だからできる、やり続けられる、そして、その人だから説得力がある」
そんな領域を探ることだと。

個性に合った仕事は圧倒的なクオリティを生む

先日、僕の親友、上村晃一郎さんのセミナーを名古屋で開催しました。
非常に内容が深く、哲学的で楽しいセミナーでした。

テーマは「自分の特性を発見する」

固有の特性は、その人だから醸し出せる説得力になります。
そして、何よりも、それをしていると楽しくてしょうがない。
1日8時間、仕事だから我慢している人と、楽しくて寝る間も惜しんで1つのことを追求している人ではクオリティに圧倒的な差が出ますよね。

特性はすべての人が持っていると思います。

さて、セミナーに最近夢新聞のパートナー講師になったばかりの吉田さんという男性が参加してくれました。

職種は新聞販売店です。

最初は、なかなか自分の特性が分かりませんでした。
無理もないと思います、普段、そんな事を考える機会なんてないですからね。

上村さんのノウハウ「マイストーリー・マトリックス」のすごいところは、それをたった2枚のシートで発見できることです。
書いては発表し、また書く。
その繰り返しで、徐々に心の中から湧き上がってくるのです。

吉田さんはワークの中で自分の経験や、日頃、快と感じることから、自分の特性を「チャレンジャー」と定めました。

そうすつと自分が自分である理由が見えてくる。
例えば、僕がセミナーに誘ったのは、実は当日の朝です(笑)
あ、彼、神戸住みです(笑)

最初はメールで「またの機会にします」と断りが来たんですが、直後に電話で「やっぱ行きます!」

何があったん?

チャレンジャーですわ。

自分の個性と今の仕事を一致させると業態が進化する

さて、吉田さんの特性がチャレンジャーだと分かって、何が変わるのか?という話です。
まず、チャレンジャーゆえの失敗エピソードなんかを聞いたら、彼と人生を歩んできた感覚になり、共感が生まれます。

そして、彼が、そんな僕だから「これから◯◯をしようと思っています」と言えば、「◯◯」によっては、すごく説得力があるし応援したくなります。

分かりますか?この感覚。

で、その「◯◯」ですが、彼は夢新聞の講師ができる新聞店の社長です。
新聞はより良く生きるためのツールです。
言い換えれば、より良い未来を創るために読む。
夢新聞は挑戦のための未来を描くものですし、新聞店は地域の情報ターミナルですから、チャレンジャーを育て、その人たちをつなげてコミュニティをつくることができます。

そうなると、全国数万社の新聞店の中で、突き抜けて分かりやすく魅力的な存在になりますよね。
マネしようと思っても、それを好きでやっている人と、仕事と割りきってやっている人では雲泥の差が出ます。

「圧倒的な存在になれる」

独自性の高い商売とは「その人ならでは」のスタイルであり、それが強く必要とされる源になるのだと考えます。

経営者の数だけスタイルがある、そして、そこに社員のスタイルが加われば、無双の存在になると考えます。

いや〜、商売って楽しいですね!

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
物事はそもそもシンプル。シンプルに考える3つの秘訣

物事はシンプルに考えた方が上手く行くと言われますよね。 僕もその通りだ

人の心に響く言葉を使うリーダーは、どんな言葉を選んでいるのか?

組織開発とリーダーが使う言葉には大きな相関関係があると思います。 元気

上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当