*

「出来るようになってからやる」ではいつまで経っても出来るようにはならない

息子が高校受験を控えています。
志望校は決まっているのですが、学力的にはギリギリのラインにいます。
すごくハラハラするんだけど、本人はいたって平静です。

時々「1ランク下げたら?」…そんなことを思ってしまうのですが、息子は挑戦する気満々です。

それを見て、すごく勇気づけられています。

「米澤家の辞書に『無難』という言葉はない」…そんなことを言っていた自分が恥ずかしくなりました。

時代が上り調子だった昔は無難でもそれなりに波に乗れたと思います。
でも、今、そしてこれからはそういう時代じゃない。

「出来るようになってからやる」ではいつまで経っても出来るようにはならない。

「やるから、出来る様になる」

挑戦の大切さを息子から学びました。

雪が溶ける頃には、人生最大の打ち上げをしよう。

強気に行って欲しいと思います。

そう、この曲のように…

Lenny Kravitz

「Are you gonna go my way」

ライブバージョンです。

レニー・クラヴィッツってジミヘンに似てるよね。

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分

あなたの会社を救うのは数パーセントの好奇心旺盛な社員たちである

自発的に動く社員は「風土」でつくられる指示されないと動かない、挑戦

管理教育で育った人が企業で自発的に行動するようになるには?

象を子どもの頃からクサリでつなぎ行動範囲を制限すると、大人になってクサ

人材育成は足し算よりも「引き算」で上手くいく

日本には「引き算の美学」があります。 英語で言うと "Simple"