*

「したい人、1000人」「始める人、100人」「続ける人、1人」

「行動することが大切」
その当たり前の事を改めて実感した出来事がありました。

昨年10月に東京で行ったセミナーに参加してくれた方が、先日とても大きな成果を上げてくれました。

その方は新聞店のスタッフさんです。
セミナーから4日後に、ニューズレターを発行。
僕が今まで出会った人の中で最も行動が早かった。

ニューズレターは既存客に出しているのですが、目的は自分を知ってもらう事と、新聞の価値を伝えることです。

それから3ヶ月も経っていないのですが、今度はセールスレターに挑戦しました。
内容は、僕がセミナーで紹介した事例を自分なりにアレンジしたものです。

本人いわく、「ほぼ全部、マネさせてもらいました」

でも、僕はそうは思っていません。
ネタは僕が紹介した事例ですが、完全に自分の言葉に置き換えて発信している。

許可をとっていないので画像を載せられないのが残念ですが、思わず読みたくなる内容です。

そして何より、行動したことに敬意を評したいと思いました。

こんな言葉があります。

「したい人、1000人」
「始める人、100人」
「続ける人、1人」

おおよそ当たっていると思います。

多分、今回の彼は続ける人になると思う。
なぜなら、今回の活動での改善点を早速考えているからです。

きっと、1年後にはものすごい成果を上げると思います。

まずは行動を始めること。
第一歩を踏み出した人は、第二歩目が見えてくる。
恐る恐る前に進む…
そして、気が付くと圧倒的な存在になっている。

僕はそんな風に考えています。

勇気を出して行動してみる、その大切さを感じた週末でした。

それでは素敵な週末をお過ごしください!

keep it real!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【東京開催】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー

賃金、賞与の出し方で社員のヤル気と自発性は大きく変わってきます。 報酬

危機感が足りない社員に、健全な危機感を持ってもらうには?

「社員に危機感が足りない」…そんな苛立ちを感じている社長は多いと思いま

硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて