*

今年も残すところ364日となりました。

新年いかがお過ごしですか?
僕は家族とゆっくり楽しい時間を過ごしています。

IMG_8614

朝からモエ・シャンをいただいています。

新年がとても清々しい気持ちになれるのは、年末にやるべき事をフィニッシュさせたから。
そう思います。
もっと正確に言うと、何かの節目には人は悔いを残さないようにがんばるものだと思います。

卒業
退職
年末
別れ
死…

僕は子供の頃にスイミングスクールに通っていました。
どちらかと言うと「やらされ」で、いつも練習が時間が終わる時間ばかりを気にしていました。でも最後の日は違いました。

最後の瞬間まで懸命に泳いだのを覚えています。
と、同時に、日頃からそんな気持ちで練習していたらもっと早く泳げるようになったはずだと思いました。
気付いた時は遅いんだけどね。

でも、その時に感じたことは教訓として今でも残っています。

さて、今年も残すところ、364日となりました(笑)

来年の今頃に「昨年は本当に充実していたな〜」と美味い酒を飲みたいですね。

その積み重ねが充実した人生につながる唯一の方法だと思います。

この時がいつまでも続くわけではない。

一瞬一瞬を、大切に生きていきたいと思います。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分