*

近所の公園で過ごしたクリスマスイブ

世界中が幸せな気持ちに包まれるクリスマス。
もうすぐですね。

高校3年生の時、付き合っていた彼女とのクリスマスイヴが思い出に残っています。
デートに行く場所も金もないから、近所の公園で1時間だけ過ごしました。

メンズノンノの懸賞で当たったキャンドルを灯して、ふと空を見上げると雪が舞いはじめた。
街灯に照らされて柔らかく舞い降りる雪を覚えています。

「あ、雪だ」「ホントだ」

気の利いた言葉も言えないくらい純だったのだと思う。

妻と結婚する前のクリスマスも忘れられません。
安い居酒屋で安い牡蠣を食べて、25日に2人で病院に運ばれた(笑)

その数カ月後にプロポーズをしました。

人の数だけ思い出を残すクリスマス。

今年も楽しみたいですね。

僕が一番好きなクリスマスソングです。
毎年紹介しています。

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分

あなたの会社を救うのは数パーセントの好奇心旺盛な社員たちである

自発的に動く社員は「風土」でつくられる指示されないと動かない、挑戦

管理教育で育った人が企業で自発的に行動するようになるには?

象を子どもの頃からクサリでつなぎ行動範囲を制限すると、大人になってクサ

人材育成は足し算よりも「引き算」で上手くいく

日本には「引き算の美学」があります。 英語で言うと "Simple"