*

社員の個性を活かせる社長、潰す社長

才能は選ばれし人にだけ備わっている特別なものではないと、僕は考えています。 誰もが持っているのですが、本人がそれを才能だと認識していないことが多いと思います。 本人にとっては当たり前だから気づかないのです。 今日は、社員の才能を掘り起こして仕事に活用しようという話です。

才能は個性のことである

才能をどう定義するかでそれを発見できるかどうかが決まります。 特別なもの、と捉えると自分にはそんなものはないとなっちゃう。 でもそうではないことを僕はこの書籍で知りました。

sainou

「さあ、才能に目覚めよう」

この本のニクいところは、才能と書いて「自分」と読んでいるところです。
自分に目覚めるということ。
どういうこと?
この本によると、その人固有の思考や感情、行動パターンを才能の種=資源と捉えています。
落ち着きがない、みんなとワイワイやるのが好き、セミナー大好き、自由が好き、頑固さ、神経質といった個性はみんな資源なのです。

それが価値を生み出すなら「才能」になると捉えています。
力を生み出すかどうかは、それを自分で認識することと、活かせるかどうかにかかっています。
そう考えると社内は才能の宝庫です。

おせっかいが才能に昇華した女性社員

弊社の幹部社員に宮原という女性がいます。
彼女は自分の資源を「おせっかい」と捉えているんです。 最初はそれが宝物だなんて思ってもみなかった。
でも、そうだと気付いた瞬間に、それを求める人がいることに気づいたのです。

例えば、地域に住む素晴らしい人材や資源を見ると、それが活かされていないことに勿体なさを感じるのです。
それは僕も感じていたのですが、そう思うだけで終わっていました。 でも、彼女の場合、資源が疼いて行動したくなったのです。
そこで取り組んだ活動が、町内の町内会ごとで行うワークショップです。 「地域の問題は地域の人で解決できることが多い」 「地域の宝を発掘し売りだそう」 特別なファシリテーション技術を学び取り組み始めたところ、それに行政が目をつけて、正式に仕事として依頼を受けるまでになりました。 IMG_5246 ここで重要なのは「おせっかい」はそのままでは役に立たないことです。
ファシリテーション技術と組み合わさって「才能」に昇華するということ。
神経質だって立派な資源です。 それを活かして、トラブルの防止、予防の専門スキルを身に付けたら最強です。 社員が持つ資源を才能に昇華させるためには、社長は個々の個性を認めること、自分の狭い価値観でジャッジしなことだと考えます。

そして、意外と本人は無自覚であることが多いので、仲間に指摘してもらうことが良いと思います。

資源は発見された瞬間に「疼き」が始まります。 それを活かしたくてウズウズする。
才能に昇華したくて叫び声を上げます。
そうしたら思いっきり今の業務に活かしてもらいましょう。
最高の仕事をすると思います。

それでは今日も素敵な1日を!

誰も縛らない、誰にも縛られないあなたが大好きです。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
勉強熱心は良いことだが、学んだ知識に縛られ発想が乏しくなっていないか?

学ぶことは人生を、ビジネスを豊かにしますが時として学ぶことでバカになる

人は善良で真面目ゆえに会社を機能不全にしてしまう

よく「仕事が終わったら次の仕事を探せ」と言いますよね? 就業中は暇な時

何度言ってもミスをする社員が一緒で変わった「ある情報」とは?

誰にでもケアレスミスはありますが、現場のミスは顧客離れに繋がるので、で

人間関係の摩擦に「上手に折り合いをつけ」成果を出せるのがプロ集団

職場に人間関係の摩擦はつきもので、避けることは難しいと思います。 和気

小学6年生の少年から学ぶ「あえて他人と違う道を選ぶ生き方」

今、そしてこれまでの人生で何かに熱中した経験は誰にもあると思います。