*

社長がセミナーで学んでも、それを社内に落とし込めないと実行できない

社長がセミナーで勉強すると、行動力のある人はすぐに社内で実践したくなりますよね?
でも、そのためには社員にちゃんと理解してもらうことが大切です。

朝、社員を集め「これからはコレで行くぞ〜」なんて言っても社員の頭の中は「?」」でいっぱい(笑)
そんな経験ありませんか?
それでは笛吹けども踊らず状態ですよね。

今日の記事は、新しいことを社内で実践する時の手順について書きますね。

学びも大切だが、それをどう社内に落とし込むかも大事

セミナーから帰り燃えている社長を見ると、社員は不安になるものです。
まずはその心境を理解することだと思います。

「大変なことが始まるんじゃないのか?」
「自分に出来るだろうか?」
「自分のやってきたことが否定された気持ちになる」
「勝手なヤツだ」(笑)

様々ですよね?

僕も、10年ほど前に朝礼を導入したことがありました。
みんなで経営理念を唱和するヤツね(笑)

セミナーから帰ったその夜に即席で作って、翌朝からやったのを覚えています。
当時はものすごくワンマンだったから、それに異を唱える社員はいませんでした。
だから、理解してくれたと思い込んでいたのですが、そうじゃなかった。

「よく分からんが、社長がやると言ったから、しかたなくやった」
そんな感じですよ(笑)
それでは意味がありません。

一流のセミナーでは、そこのフォローがしっかりしています。
学んだ社長が、帰ってから社員とどのように対話するかってことね。

社員の心境に合わせて順を追って説明することが大切です。

社員の気持ちをベースに説明を組み立てること

まずは「ありがとう」を伝えることです。
お互いの心が開かないと対話になりませんからね。
ワンマン社長にはこれが一番むずかしい…

次に、現状を伝えること。
特に抜本的に変革するときには、会社の現状を数値とともに丁寧に伝えることが大切だと考えます。
情報を公開するってことね。
ワンマン社長にはこれも難しい…

それとともに「力を貸して欲しい」と言うことです。
命令で動かそうとすると、社員の気持ちは反発モードになりますから。
でも、これこそワンマン社長には難しい(笑)

って全部じゃん(笑)

次に何を目指すのか?…ビジョンを会社と社員の立場、両方を説明することだと考えています。
ここ重要ね。

IMG_7734

目指すものが数値だけでは社員の心は動かない。
そうなった時の様子を臨場感のある表現で伝えること、そして「私はそうしたい!」と自分の願望をハッキリと伝えることだと考えます。

「◯◯しなければいけなからやる」のと「◯◯したいからやる」では受け取った人の印象はだいぶ違います。

そして、「それを実現する方法を学んだのだが、みんなはやりたいかな?」と問うことです。

ここが辛抱の時です。

理性では、現状を放置しておくと大変なことになることはわかっている。
変えなきゃいけないことはわかっている。

でも、気持ちが前に進めないんだよね。
怖いから。

だからウダウダが始まる(笑)

ここでちゃんと対話をすることです。
間違っても「やりたくない奴は今すぐ出て行け〜!」なんて言わないことね。

社長と社員の関係が完全な師弟関係になっていて、完璧な指示・命令を出す自信があれば、それでもいいと思いますがね。

…やっぱ、ワンマン社長には難しいわ(笑)

「現状を放置しておいた場合の怖さ」
「新しいことを始めた時の心配や恐怖」
「失敗した時の怖さ」
「上手く行った時の喜び」

そうした感情と向き合うこと、そう考えています。

何か、新しいことを社内で始める時は、社員の気持ちをベースに説明を組み立てることです。

それでは、今日も素敵な1日をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」