*

あなたの体験は、それを経験していない人のためにある

イジメで命を絶つ悲しいニュースを見る度に心が痛みます。
僕も2人の子どもがいるので、未成年の自殺は心が張り裂けそうになります。

僕は死のうと思ったことがないから、彼らの気持ちは分かりません。
だから、僕のまわりに死にたいと思っている人がいても、僕ではなんの役にも立たないかもしれません。

今日の記事は、一度、自分の命を絶とうと思った人の話です。
「自分の体験は、それを経験していない人のためにある」
そんな話です。

死を覚悟して、そこから始まった人生

その人は、名を大畑哲也さんと言います。
僕が主宰する塾の塾生ですが、職業はイラストレーターです。
描く命家、TOH(とう)と名乗っています。
簡単に言うと絵を書く仕事です。

大畑さんのブログはコチラ
http://ameblo.jp/ariga10kikaku/

塾の中で、絵を「誰のために描くか?」…つまり事業のターゲットを明確にするワークを行いました。
絵の才能って凄くて、色んな人のお役に立つんです。
例えば「子どものための絵画教室」「企業のマスコットキャラクター作成」「企業の看板デザイン」などなど。

でも、イラストレーターは世の中にたくさんいて、彼に相当な強みがないと難しいという話になりました。

そこを掘り下げたら、実は、彼には他人に言いたくない過去があったのです。
イジメ

難病

鬱が進行し失踪、木曽川に身を投げる寸前までいったところで家族に発見されて一命を取りとめました。

そこから彼の第二の人生が始まった。
自分の経験から、活きる力と勇気が沸き起こるコトバを絵とともに書き綴り、密かにためていきました。

彼は、塾で「どのターゲットが一番儲かるか?」ではなく、「自分の経験を最も必要とする人は誰か?」と考え、「人生に疲れ生きる力を失ってしまった人」に対象を絞りました。

で、思いついたのが書き綴った作品集の出版でした。
そして、それが発売されたんです。

11882669_876108829137352_6957201249405986743_o
あおいぼく1枚絵本

11896292_527418247408888_7058218322718759593_o
こんな風に書店などに置かれています

11953104_527263620757684_4994703116094462076_n
地元紙の1面を飾りました

つらい経験も、人のお役に立つ資源になる

ここまではよくある話です。
僕が一番感銘を受けたのは、彼が本気で心を病んでいる人の事を思っていることでした。

よくある「本を出版しました!買ってください!」っていう類の活動じゃないんです。

生きる力を失った人は、書店やAmazonでこの本を買わないだろうと考えたのです。
同時に、自分で買うものじゃないと。

「大切な人から渡されるものだ」

そう考えたのです。
だから、カバーに「プレゼントブック」と明記してあるのです。

きっと、家族に発見されて自殺を思いとどまった、その経験をした彼だから分かる気持ちがあるのだと思います。
さて、考えましょうか。

僕には、僕にしかない経験があり、それを必要としている人のために動き出そう。

あなたには、あなたにしかない経験があり、それを必要としている人がいる。

つらい経験も、人のお役に立つ資源なのです。
ちょっとインフォメーション。
①大畑哲也さんの本が欲しい方はコチラからご注文できます!
http://www.ariga10kikaku.jp

②本人に会いたい人は、出版記念パーティにお越しください。どなたでもご参加いただけますよ!お申込み、お問い合わせはコチラにお電話ください!
カフェ タイズ ☎0265-98-0126(10:00〜18:00)
それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して