*

水のようにすべてに身を委ねる生き方

こんにちは。
夢新聞協会の認定講座が先ほど終わりました。
夢新聞の講師を目指す講座なのに、なぜか感動する、不思議な講座でした。

さて、よく、「世の中は甘くない」という人がいます。
「世間は厳しい」という人もいます。

僕はそう考えないようにしています。
なぜなら、そう考えると、そういう現実になるから。
潜在的にそう感じていると、そうじゃないと不安になりますよね?
自分でそのような現状をつくり出してしまうと思うからです。

自らが変な意図や解釈を加えなければ、進むべき方向へ進んでいくのだと、僕は思っています。
静かに、ゆっくりと、自然と。

水にように。

水が流れるように、清冽なアコースティックギターの音色に乗る、スピリチュアルな歌声が心地よい哀しみをくすぐる、この曲が好きです。

Lauryn Hill

「Just Like Water 」

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行