*

お客様は神様ではない、もっといえばお客様とも見ない方が上手くいく

先日、取引先のお手伝いで信州大学の新入生オリエンテーションに行ってきました。
仕事は、オリエンテーションが終わって会場から出てくる新入生に新聞購読のパンフレットを渡すというシンプルな作業です。

しかし、サークルの勧誘の学生に混じっておっさん達がパンフを配る姿は異様ですわ(笑)
僕なんか、いかにも業者ですっていうユニフォームを渡されて、すごく暗い気持ちになりましたもん。

IMG_6530

背中に「学割キャンペーン実施中」なんて書いてある(笑)

でね、受け取ってくれないんですよ。
自分の子どもくらいの年齢の若者に軽くあしらわれて、手元のパンフが一向に減らない。

その中にあり、抜群に配布した男がいます。
こいつ。

IMG_6531

夢新聞のメンバー、「すーさん」こと鈴木芳朋と言います。
彼だけユニフォームを着なかったのですが、それには明確な意図がありました。
見ると分かるでしょ?
どう見ても、大学の職員に見える(笑)

IMG_6533

「スマホをやめるか、大学をやめるか」って言い出しそう(笑)
この男が満面の笑みで、「ご苦労さま!」なんて言って手渡すと、ほとんどの学生が受け取るわけ。
オリエンテーションが終わるのを待っている間も、サークル勧誘の学生に「学部はどこ?」なんて普通に話しかける。
すると学生は、一瞬「?」という顔をしながらも丁寧に答えていました。

鈴木に聞いたら、「こういう時はコナカのスーツが良い」とのこと。
しかも、いかにも職員っぽいIDケースを首から下げている(笑)

僕は非常に勉強になりました。
業者が渡すものは拒否するが、仲間が渡すものは受け取る。
そういうことだと思います。

服装の話ではなく、こちらの接し方で関係性が変わるということです。
こちらが相手をお客様と見ると、相手もこちらを業者としてみる。
業者が好きな人なんていないから、最初から精神的な距離が生まれてしまいます。
しかも、それを決めるのは、こちらの接し方だということ。
服装を含めたね。

そして重要な事はテクニックではないということです。
鈴木は、学生に情報リテラシーを身につけて欲しいと、本当に考えているのです。

だから、「スマホじゃなく紙の新聞を読もう」なんて言わない。
それは業者の言うことだからね。

もっと大きな視点で見ているから、愛があるのです。
服装ではなく、その態度を相手は敏感にキャッチします。
それが受け取ってくれた数に現れたのだと、僕は感じました。

売ることを最終ゴールにしているか、お客様の幸せを目的にしているか?
精神的な態度が関係性を決めるのだと思います。

さて、週末ですね!
信州はまだ桜が咲いています。

それでは素敵な1日をお過ごしください。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
手を休めることなく働いている会社は危険。適度なゆとりが儲かる会社の秘訣

1人1人が手を休める暇もなく働いている会社はダメ助け合うチームは成

伝説のゲームから学ぶ、仕事を楽しいものに変える3つのポイント

世の中には仕事が楽しくてしょうがないという人もいます。一方で苦痛だと感

社員が「ご機嫌で」働くことを目的に置いた企業が繁栄する時代になった

社員の幸せと業績には相関関係がある僕が社会人になった頃、「足で稼ぐ

社長と同じように会社を思う社員が欲しければ「統合の経営」をせよ

多くの経営者の悩みに「社員の他人事」があると思います。 会社の業績に関

10年後に若者から選ばれる会社になるために今すべき事

僕がPTAをやっていた時に「お子さんにどんな人に育って欲しいか?」とい