リーダーの目が曇っていると、評価されない部下がこんなにも出る

どうして部下は思うように動いてくれないのか?…リーダーなら一度や二度はそんな不満を持ったことがあると思います。

「もっと積極的に発言してほしい」
「もっと仲間に気を遣ってほしい」
「言われる前に行動して欲しい」

欲を言えばキリがないですよね。
でも、もしかしたらこう疑うことが大切なのかもしれません。

「部下が動かないのではなく、部下の活躍が見えていないのでは…?」

こういうケース、すごく多いんです。
その証拠に、嘆くリーダーの影でメンバーはこういっている事が多い。

「リーダーは私のことを見てくれていない」

このズレはどこから来るのかと言えば、リーダーもメンバーも「チーム内の役割を知らないから」…

役割を知ることが大切だと考えます。

良好な組織活動には14の役割が必要です。
が、14全部を説明すると本が1冊書けてしまいますから、今日の記事では14の役割を大きく2つに分けたものを紹介します。

2つとは…

「パフォーマンス向上の役割」
「メンテナンスの役割」

パフォーマンスの役割(以下P)は、文字通り組織が成果を出すための機能的な役割です。
例えば、解決のための意見を言ったり、意見をまとめたり、上手に合意に持って行くといった役割です。
いわゆる、「仕事がデキる人」ね。

対し、メンテナンスの役割(以下M)は、「優しい人」です。
仲間の気分を察したり、励ましたり慰めたりする、いわば保健室的な役割です。

僕の経験上、PとMが両方が高い人は本当に少数だと感じています。
偏りがあるのです。

そして自分のタイプで他人を裁いてしまうことが起きます。
P優位のリーダーは、部下にもPを求めてしまうのです。

しかし、その部下は(リーダーが気づかないだけで)Mの分野で大活躍しているかもしれません。

それを知ればリーダーは感謝できます。
そして感謝を浴びて育った人はすくすくと成長します。
また、仲間同士のリスペクトも生まれます。

こういうチームが成長しないはずがないと思うのです。

ざっくり2つの役割で良い。
この視点でメンバーを観ることだと思います。

ではでは今週も素敵な日々をお送りください!

【一気に指示ゼロ経営の文化をつくりたい方】

1ヶ月あたり3社限定で指示ゼロ経営の社内研修を行っています。
2022年7月は1枠、8月は2枠、9月は3枠の空きがあります。

□指示ゼロ経営について詳しく聞きたい
□自社に指示ゼロ経営が合うか相談したい
□指示ゼロ経営研修の内容を知りたい

まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせ内容*
(複数選択ができます)
指示ゼロ経営について詳しく聞きたい自社に指示ゼロ経営が合うか相談したい指示ゼロ経営研修の内容を知りたいその他
お名前*
メールアドレス*
メールアドレス(確認用)*
会社名
お電話番号*
※連絡がつきやすい番号をご記入くださいませ。
お問い合わせ内容を詳しくお聞かせください
※できるだけ詳しくお問い合わせ内容をご記入くださいませ。