立地も値段も接客も申し分ない…なのに儲からないレストランには何が足りない?

物事は「道理で考える」これってすごく大切なことだと思います。
人は知識を身につけると、それに頼ってしまいバカの一つ覚えに陥りがちだと思います。
例えば、僕は指示ゼロ経営の提唱者なので、何でも指示ゼロ経営に結びつけて考えてしまいます。
立地も値段も接客も販促も申し分ない…なのに儲からないレストランには何が足りないでしょうか?

僕はつい原因を組織づくりに向けてしまいます。接客は良いのだが、その他の部署との連携が悪くリピートにつながる仕組みができていないとか。

でも、原因は他でもない、料理が美味しくないってことだったりします。

簡単なようで簡単じゃない、道理で考えるということをちゃんと考えたいと思います。

僕が道理で考えることの大切さを痛感した出来事があります。
理念、想いが大好きな人っていますよね。特にオッサンに多いと思います。
僕もオッサンですが…
以前は、僕も大好きでした。熱く語ったりして。でも、今は、ちょっと違った感性を持っています。

そのキッカケが、その出来事です。
とある勉強会で自社商品の販促プレゼンの練習をしました。100人くらいの前で自社商品のプレゼンを、資料を使わずに行うというものです。
結構、難しいでしょ?

そこにお菓子屋さんが参加していて、自慢のプリンのプレゼンをしました。
とても素晴らしいプレゼンだっと思います。
使っている卵が産地直送で、こだわりがあるのですが、それはサラッと紹介して、一番時間を割いたのが「顧客の生活シーン」でした。
一家団欒、食事の後に冷蔵庫から出してきて、みんなで「これ、ふわっとしていて美味しいね〜」なんて会話をしているシーンです。
聴衆が唾を飲み込んでいるのが聞こえてきました。

プリンは、その姿とネーミングの語感が合っている

ところが、アドバイザーと称する偉そうなオッサンがこう言うのです。
「せっかく、こだわりの卵を使っているのだから、生産者の「想い」を伝えなきゃダメだ」と。やり直しです。

再度行ったプレゼンでは、生産者の想い…卵の生産を通じて、この国を良くしたいだの、肩が凝るようなプレゼンに成り下がってしまいました。

僕は、感じた違和感を解消したくて同じテーブルの女性に聞きました、「どう感じました?」と。
その方の感想が痛快だった。
「なんか、仰々しすぎて私ごときが買ってはいけないような気がした。なんか、恩着せがましくて欲しくならない」

ここまでは普通の感想。

痛烈なのは、その後。

「あの偉そうなオッサン、多分モテないと思う…」

ええ〜!?

僕も気をつけようと思ったのです。
商品のプレゼンごときでモテる、モテないを判断されちゃたまらないよね 笑

多分、そのアドバイザーの脳内の優先順位は理念経営なのだと思います。アドバイスの中でも、その手の雑誌の紹介をしていましたし。

人は簡単に◯◯バカに陥ってしまいます。拠り所とする考え方が少なければ少ないほどそうなる。
だから色んな知識を入れることが大切になるわけですが、それにも限界があると思います。
目下、夢中になっている知見に偏るから。

僕は、集団の知恵を借りるのが一番だと思っています…が、それもどうか分かりません。
僕が集合知に対する信奉があるからそう思うだけなのかも知れない、そういうことです。

だからこそ、多様な知恵で検証するのが良いと考えているのです。
なんかややこしい言い方ですよね 笑

ホモサピエンスの生存戦略である集合知を活用しない手はない、そう思います。
社内には、自分が経験したことがない経験を持っている人たちがいるのだから。

思い入れは良いけど、思い込みにならないように気をつけないと、「アイツ、モテない」なんて言われちゃう(笑)

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

 


【現在受付中のセミナー】

■指示待ち社員が自ら動く社員に変わる 指示ゼロ経営ベーシックセミナー

・2019年2月15日(金)大阪開催
・2019年2月20(水)東京開催

■「組織の創造性と自律性が高まる賃金・賞与の決め方セミナーin諏訪」
ワークを通じて、賃金が増えた喜びや、評価に納得しないといった体験をしながら最適な賃金制度を学ぶセミナーです。
昇給や賞与を計算するデータ資料が参加特典でつきます。
・2019年1月23日(水) 諏訪開催

■描いた未来が現実になる!TOC &指示ゼロ経営式ビジョンデザイン研修
社長が望むだけでなく、社員さんも顧客も社会も望む、そんなビジョンを描くことが成功の要諦です。
自発性の欠如、離職率の高さ、売上不振…こうした問題の根本原因は、魅力的なビジョンがないことかもしれません。

各種セミナーの詳細は下のバナーをクリックして下さい!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。株式会社Tao and Knowledge代表 株式会社たくらみ屋代表 一般社団法人夢新聞協会理事長。
指示・命令をしなくても自分たちで課題を発見し行動できる組織「指示ゼロ経営」を提唱する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket