短いのにたくさんの思い出が残るのは、夏にはいろんな表情があるから

夏は時間帯によって情緒が変わりますよね?

朝は、ラジオ体操のイメージ、「活動的な1日が始まるぞ!」って。

日中は、みんなが「暑い、暑い」というから、僕にとってはあまり良いイメージはありません。

IMG_9895愛犬ハルちゃん(柴♀)も暑さでぐったり

夕方は良いですよね。
水打ちなんて最近ではしないけど、涼をとる、あの何とも言えない情緒が好きです。
ビールが美味いのなんのって。

そして夜中。
僕は夏の夜中が好きです。

気だるく憂鬱になる熱さ。
静かな街に、狂ったような躍動感が潜む。
しっとりと汗ばんだ肌、火照る気持ち…

ナルシストにはたまらない時間です(笑)
妙に読書などをしたくなる。

夏は短い。
なのにたくさんの思い出が残るのは、1日の中に色んな感情が生まれるからだと思います。

早く楽しまないとあっという間に終わっちゃう。
夏の曲の中で一番好きな、DanceJazzの曲で一日をスタートします!

Koop

Summer Sun (Markus Enochson Remix)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=3yBRdCcG_3g?rel=0]

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。株式会社Tao and Knowledge代表 株式会社たくらみ屋代表 一般社団法人夢新聞協会理事長。
指示・命令をしなくても自分たちで課題を発見し行動できる組織「指示ゼロ経営」を提唱する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket