「らしさ」や「◯◯っぽさ」は人が持つエネルギーからしか伝わらない

新緑が始まると、夏の匂いがしてきます。
少しずつ夏っぽくなってくる季節ですね。

僕は、その「◯◯っぽさ」を表現できる人を凄いと思います。

季節外れですがクリスマスソングって、いかにもクリスマスを感じさせますよね?
鐘の音や子どものコーラスが「それっぽさ」を醸しだ出すので非常に分かりやすいし、作りやすいと思います。

対し「夏っぽい曲」は定義が難しい。
夏を感じさせる曲ってありますよね?
アーティストのとても豊かな感性に脱帽です。
「それっぽさ」を醸し出せるようになりたい、僕はいつもそう思っています。

IMG_7505

昨年キャンプを行った長野県の木崎湖です。

例えば、僕は自由が信条ですが、ブログなどで自由を感覚的に伝えるはとても難しいこと。
頭で考えても答えは出ない。
僕が自由でいる時は、それとなく出るのですが、何かに縛られているとくすんでしまします。

文脈にエネルギーが入り込むのだと思います。

さて「夏っぽさ」も人によって感じ方が違うと思いますが、僕はこの曲から強く感じます。
きっと夏が大好きな人なんでしょうね。

あたなはどう感じますか?
なぜか、ちょっと切ない気持ちになります。

Robbie Dupree

「Steal away」

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=bi_WayqBVYg?rel=0]

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。株式会社Tao and Knowledge代表 株式会社たくらみ屋代表 一般社団法人夢新聞協会理事長。
指示・命令をしなくても自分たちで課題を発見し行動できる組織「指示ゼロ経営」を提唱する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket