デキるリーダーの口癖は「やれやれ」

おはようございます。

僕は言葉が持つ力に興味があります。
言葉の音的な印象「語感」です。
北欧の国に「ミル」と「マル」というテーブルがあるそうですが、どっちが大きなテーブルか?と聞くと、大多数の人が「マル」と答えるそうです。
これは、五感の研究者、黒川伊保子先生の書籍で紹介されている事例ですが、その本のタイトルが「いい男は『や行』でねぎらう。いい女は『は行』で癒やす」というもの。

41-pmVHlCgL

気になりますね〜
今日は、弊社の配達部門のリーダー、竹村君の事例から、デキるリーダーの口癖について書きます。
部下の自発性を伸ばす魔法のコトバです。

精神的に成熟したリーダーの態度とは?

まずは、竹村の紹介から。右側の男です。

IMG_3092

パワフルな印象はない(笑)
家族のために手作りケーキをつくる優しい男です。

11393203_430581740435158_2886645160948287666_n

一方で、地元の少年バレーボールチームのコーチをしています。

彼は30名を超える配達現場のリーダーですが、そのリーダーシップが実に「指示ゼロ的」なんです。
現場には結構、個性の強いスタッフがいます(笑)
だから、日々、色んなことが起こります。
新聞を間違って配ったとか、バイクの音がうるさいとか、玄関先の花びんを割ったとか…
それに対し、部下を注意、指導するのですが、これが実に上手なんです。
精神的な態度が。

言葉には出しませんが、「やれやれ」なんです。

「やれやれ」って不思議な言葉だと思いませんか?
肯定はしていない、でも、許容の雰囲気がある、なんとも包容力がある。

そんな雰囲気を出せるのは、彼に精神的なゆとりがあるからだと僕は考えています。
精神的に成熟していて、気持ちのコントロールが上手なんですね。

「相手に対し過剰な期待をしない」
「自然の流れに身を任せる」
「人が持つ可能性を信頼している」

だから、写真にあるような、ゆる〜い雰囲気を醸し出しているのだと思います。

集団はエネルギーのバランスを自律的に保つ

「リーダーシップ」という言葉から受ける印象は、パワフル、アクティブ、ポジティブ、強引(笑)といったものです。

確かにリーダーシップの1つのカタチだと思いますが、それは、部下を引っ張るがゆえに、部下の自ら考える機会を奪うこともあります。
だから、自ら考え行動する自律型組織には向かないと考えています。

人の集団は面白くて、パワフルな人がいると、自然とそれに依存する人が現れます。
バランスを取るんですね。

竹村は、時々、そこにいる事に気付かかない時があります。
忍者のようなヤツなのです。

120203ninja2

しかも似合うし(笑)
僕が勝手にコラージュしたんですがね…

部下がミスをしても「やれやれ、しょうがないな」という感じで接するから圧迫感がなく、部下は再発防止のために自らアイデアを出せるのです。

そして、部下は知らない事実があります。
それは、時々、僕にメールをくれるのですが、部下の活躍をこっそり教えてくれるのです。

IMG_6937

ええヤツだよね。

それは成果にも現れていて、弊社の配達現場でのクレームは同業他社と比べてもダントツに少ないのです。
元々少なかったのが、彼がリーダーになってからさらに減りました。

僕も見習わないと、と思うことが多い、とても大切な存在です。

さて、竹村を観察しよう。
今後「やれやれ」を口にするようになったら、今日の記事を読んだ証拠だ(笑)

その時は、僕が「やれやれ」と言おう(笑)

しかし、女の「は行」で癒やすって、どんなのだっけかな?
読み返してみよっと。

それでは今日も素敵な1日を!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。株式会社Tao and Knowledge代表 株式会社たくらみ屋代表 一般社団法人夢新聞協会理事長。
指示・命令をしなくても自分たちで課題を発見し行動できる組織「指示ゼロ経営」を提唱する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket