経営者は、社員を誇りに思える心を育てるべし

社員がよく育つ会社の社長は、社員を誇りに思い自慢しています。
そして、またその通りに育っていく。
逆に、育たない会社の社長は社員のグチを言っています。
そして、またその通りにダメになっていく…

言葉は言霊と言いますが、どうやら「ある言葉を吐くと、それをもう一度言いたくなるような現実が出現する」…そんな法則があるようです。

社員がしっかりしているから誇りに思うのではなく、誇りに思うから育つ、それが正しいのだと考えています。

社長が思った通りの人材になっていく

思った通りに育つ現象をピグマリオン効果と言います。
こんな実験があります。
ある学校に新任の先生が赴任しました。
その先生にはあらかじめ、「クラスのA君とB君は天才児だ」と伝えました。
ところが実は、その2人は手に負えないほど勉強ができない子たち。
先生はそうとは知らず、天才児だと思い込み接するわけです。
問題行動があっても「天才児は常識の枠に収まらない」なんて思うわけ(笑)
すると、その子たちの成績が劇的に伸びたそうです。

例えば僕が尊敬する、岩手県一関市にある京屋染物店の蜂屋悠介社長がそうです。
蜂屋さんと話をすると、必ず社員さんの自慢話が始まります。
しかもズバ抜けています。

会社見学会は社員さんが中心に進められる

例えば、ある時、蜂屋社長の提案を社員さんが全否定した事があったそうです。
普通、腹が立ちますよね?
もしかしたら、その時は蜂屋さんも腹が立ったかもしれません。
しかし、僕に話す時は「ガンガン提案してくる」というニュアンスなのです。
その言葉が現実を出現させていると思います。
同社に行くと、本当に社員さんの提案で会社が良くなっているからです。

心の状態を客観視する習慣を身に付ける

僕は蜂屋さんとお付き合いをさせていただき、非常に感情との向き合い方が上手な方だと思っています。
怒りや不安などの感情に支配されない術を持っています。
決して、こうした感情が立ち上がらないわけではない。立ち上がった時の対処が上手なのだと思います。

人間の脳は感情が第一義、理屈は第二義と言われています。
感情を理性で正当化するわけです。
どうしても欲しいものができた時は、「自分へのご褒美だ」とか言って買ってしまうのです。

部下に対し怒りを感じると、怒りを正当化します。
「アイツは人の気持を大切にしない」とか。
理屈で理解してしまうともう感情を変えることは難しい。

それが次の現実を生み出すのだと思います。

感情との向き合い方が上手な人は、感情が立ち上がった時に、「あ、また立ち上がった」と客観視できるのだと思います。
客観視できると冷静になれる。
理屈での正当化を防ぐ確率が高まります。

ある言葉を吐くと、それをもう一度言いたくなるような現実が出現する…

社員を誇りに思えるような心を育てたいですね。

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい!

 


【現在受付中のセミナー】

■8/3開催!指示ゼロ経営 出版記念講演 in金沢 参加費5000円
詳細はコチラ

現在開催中のセミナーは下のバナーでも確認できます!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。株式会社Tao and Knowledge代表 株式会社たくらみ屋代表 一般社団法人夢新聞協会理事長。
指示・命令をしなくても自分たちで課題を発見し行動できる組織「指示ゼロ経営」を提唱する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。
著書に「リーダーが『何もしない』とうまくいく」がある。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket