*

知識社会を切り開く「異脳」と呼ばれる人たちとは?

おはようございます。

先日、愛車のBMWが故障して、しばらく母のクルマ(トヨタのビッツ)を借りて乗っていました。
すごく優秀ですよね?トヨタ車って。
頑丈だし、インターフェースが良いから操作がしやすい。
すごく真面目に作ったクルマだということが分かります。
世界中の企業がお手本にするわけですよね。

IMG_5934

オーバーヒートをしてしまいました(泣)

そんなトヨタですが、若者のクルマ離れに強い危機感を抱いているという記事を読んだことがあります。
若者曰く、「なんか面白いクルマがない」とのこと。
その訳のわからない理由を探ると、どうも優秀で便利なだけじゃダメという結論に達しました。トヨタのすごいところは、出しゃばらない無個性なサラリーマンを象徴する営業車も作れますが、「86」のような遊び満載のクルマも作れることろだと思います。

ソニーは僕が好きだった企業の1つです。
「時代についていく」ではなく「時代がついてくる」発想で、生活者が驚くような製品を世に出しました。
強気でかっこよかった。でも、今は悪い意味で真面目な会社になってしまいました。

納得するものではなく、人を魅了するものを創造できる人って、変態的なクリエイティブを持っています。
1990年代後半にスティーブ・ジョブズがアップルに復帰した当時、「Think Different」というコピーが使われましたが、ジョブズは頑張って「Different」になろうとしているわけじゃないのだと思いました。
自分でも無自覚のうちにDifferentだった。
多分、常識を重んじる人からは煙たがられたと思います(笑)

そういう人を「異脳」と呼ぶそうです。
天才的な領域を持つ人ですが、常識から外れているため肩身の狭い思いをしています。
「自分は変わっている」と自慢をする人がいますが、本当にDifferentな人は本人にその自覚がなく、人知れず悩んでいるものです。

エジソンは「1+1=2」ということがどうしても納得できなかったそうです。
「2つの粘土を1つにしたら、1つじゃないか」
真剣にそう考えていたそうです。
異脳ですね。

「東大先端科学技術研究センター」という研究・教育機関があります。
そこでは全国の異脳たち、通常の学校生活に馴染めずに不登校になっているような天才たちを集め、特別な教育を行っています。

「Think Different」と呼びかけなくても、最初からDifferentなやつらに、これからの知識社会を切り開いてほしいという願いで立ち上げたプロジェクトだそうです。

時代は均質化、画一化の時代が終わり、再び個性を求めていると、僕は感じています。

異脳とまではいかなくても、変わった人材が活躍できる企業にしていくことは非常に重要なことだと思います。
そういう人が、一定の割合でいる会社は創造性の時代に活躍します。

ビッツは人で言えば、「いい人」
そういう人材だけで固めたら面白い創造はできないと思います。
ビッツやプリウスの中に、フェラーリやアルファロメオがいる会社が理想だと思います(笑)
調整が大変そうですが…

あ、BMW、直って返ってきましたよ。
やっぱトヨタ車よりもやんちゃでいいよね。

それでは今日も素敵な1日を!

また明日。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」