*

僕も、あなたも、みんな幸せなるために生まれてきた

おはようございます。

あと17時間ほどで2014年が終わりますね。
今年はどんな1年だったでしょうか?

僕は、年初から色々とあって悩むことも多かったけど、非常に充実した1年でした。
おかげさまで会社は増収増益でしたし、夢新聞は一般社団法人になり、年末に認定講座を行うことができました。
どれも僕1人の力で成し遂げたことではなく、色んな方の協力でここまで来ることができました。
ひとことで言うと幸せってことです。

さて、今年最後の記事は、人が幸せを感じるということについて書きたいと思います。

聞いた話しですが、朝、自然光を浴びると、脳内にセロトニンという物質が分泌されるそうです。セロトニンは、「しみじみと幸せな気持ち」を創り出す効果があるそうです。
セロトニンが少ないと、目の前に幸せなことがあっても幸せと感じない、乾いた人生を送ることになります。
この事で分かるのは、幸せは“そこ”にあるものではなく、自分の内面で創られるということ。

もう1つ。
ブータン王国は幸福度の高い国として注目されていますが、その理由が分かるエピソードがあります。
歴史学者の今枝由郎さんがブータンを旅をした時に、狭い道でクルマが立ち往生してしまったそうです。
助けを求めたわけでもないのに、通行人が立ち止り助けに入ってくれた。
すると、一人、また一人と黙々と助けに加わってくれたそうです
そして彼らはすごく幸せそうにしていたということです。
人のお役に立つ事を、自分の意志で行う人は幸せを“自家発電”することができるのだと思います。
幸せは自分の内面で創られる
日本人は、頑張って豊かさを手に入れました。
でも、豊かになったからといって、幸せを感じられるかと言えば、必ずしもそうじゃない。
アメリカも同じで、1956年 30%が幸せと答えました。
それから個人所得は約3倍になりましたが、その割合は変わっていません。
貧困水準を超えてしまえば、物質的な豊かさは精神的な豊かさにつながらないのです。

内閣府が幸福度指標の試案を出し、人が幸せと感じる「外的環境」の研究を始めましたが、根本的に手の打ち方が違うのかもしれませんね。

僕たちは幸せになるために仕事をしています。
数値を最大化するためではありません。
幸せになるために生まれてきたのです。

経済の仕組みも政治も、すべて皆んなが幸せになるために開発された「手段」です。
手段に翻弄されないことだと思います。

僕も、あなたも、みんな、幸せになるために生まれてきたのです。

幸せになることを最優先に考えると、ずいぶん世界は違って見えるかもしれませんね。

それでは、残り17時間で、今年1年間にあった幸せな出来事を、もう一度噛み締めてみましょう!

良いお年を!

そして来年も、ブログは毎日更新しますので、暇な時にお付き合いください!

誰も縛らない、誰にも縛られないあなたが大好きです!
Tao and Knowledge 米澤晋也

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」