*

クリスマスを静かに過ごす人に聞きたい大人の曲

おはようございます。
今、スターバックスで記事を書いていますが、クリスマスソングがかかっています。
ベタなものじゃなく、有名な曲のBossaカバーだったり、ひねりが効いています。
音楽に詳しい人が選曲しているのが分かります。

WHAM! の「LAST CHRISTMAS」
山下達郎の「クリスマスイブ」
ポール・マッカートニーの「Wonderful Christmas Time」
ジョン・レノンの「Happy Xmas」

色んなクリスマスソングがありますが、僕が一番好きなのはこれ。
しんしんと降る真夜中の雪のように、静かに積み重ねられるボッサビート。
ゆっくりと流れるピアノの音色。

落ち着いた、大人のクリスマス、そんな曲です。

Vince Guaraldi Trio

「My Little Drum」

 

素敵なクリスマスウィークをお過ごし下さい。

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
10年後に若者から選ばれる会社になるために今すべき事

僕がPTAをやっていた時に「お子さんにどんな人に育って欲しいか?」とい

会社を良くする方法はぜんぶ小学校で教わった

業績好調な会社にお邪魔するといつも気づくことがあります。それは社員同士

就業規則を社員が参画して創ると経営者意識が育つ

社長であれば社員に対し「なんで自分中心でしか考えられないんだろう?」と

給料や昇進では発揮されない、尽きることのないヤル気の生み出し方

「社員のモチベーションをどう管理するか?」…これは経営者にとって非常に

社長の発想力を超える面白いアイデアを出せる社員はどうすれば育つのか?

東大で行われている創造の授業今は従来の延長線上で発想しても良いアイ