*

好きな寿司ネタで年収が分かるというのは本当か?

おはようございます。

今、僕は東京にいて暖かい朝を迎えています。
え?全然暖かくない?
僕にとっては楽園ですよ(笑)

さて、この時期になるとカニが美味しいですよね?
いつも北陸に行きたいと思っているんですが雪が多いでしょ。毎年、躊躇して気づくと春になっているというパターンです。
北陸新幹線が開業したら行こうと思います。
それまでは近所の寿司屋さんで堪能したいと思います。

実は僕、回転寿司が好きなんです。
一度行ってみたいお店はここ。

o0340025512929086005
このネタ3回くらい使っています(笑)

いや冗談です。
でも、最近、友人に聞いた話で回転寿司に疑いを持っています。
「お前が注文している『エンガワ』はヒラメの縁側じゃないんだぜ。」と画像を見せてくれました。そこに写っていたのは何とも巨大で不気味な「ヒラメ風」の生物でした。他にも「『中落ち』はマグロの中落ちとは言っていない。あれはこの魚の中落ちなんだ」と見せてくれたのは、どう見ても熱帯魚。

真偽のほどは分かりませんがね。

まあ、それでも害はないからいいんだけどね。
できれば余計なことは教えてくれない方がよかった(笑)

さて、そんな都市伝説のような話ですが、他にも「好きなネタでその人の年収が分かるという話もあります」

無職の人→マグロ(寿司を食べる機会が少ないため、最も有名なネタを答える)
300万円→サーモン、アボカド
500万円→塩レモンイカなど、塩を使ったネタ
800万円→煮ハマグリ、アナゴ、小肌など江戸前の技術を使ったネタ
1000万円→ウニやトロなどの高級ネタ
数千万円→好きなネタを聞かれても “通っている寿司屋” を答える

オレ、マグロなんだよね(笑)
それか例のエンガワ。

以前に、高級寿司店に連れて行ってもら時に、板さんに「サーモン下さい」と言ったら、「いや、今日は…というかサーモンはないんです」と言われ「?」と思ったことがありますが、そういう理由なんですね。

今度から、「何お出ししましょうか?」と聞かれたら「銀座久兵衛」と答えようかな?(笑)
塩を撒かれますよね…

まあ、贅沢は敵、とまでは言いませんが、上質を体験するのは大切なことだと思います。
上質を知っているハングリーなヤツはいい仕事しますよ!

回転寿司でエンガワを頼む時は「ヒラメのエンガワ下さい」と直接注文しましょう(笑)
それではまた明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行