*

給料や昇進では発揮されない、尽きることのないヤル気の生み出し方

「社員のモチベーションをどう管理するか?」…これは経営者にとって非常に大きな課題だと思います。

褒めたりすかしたり賃金でコントロールしたりと様々な手を打っていると思います。
ところが今の時代、その手法が裏目に出てしまうことが多いと考えています。
なぜならば他人からコントロールされたヤル気では「創造性が落ちてしまう」からです。
いわゆる「外発的なヤル気」です。
対し、自分の中から湧き上がるヤル気…「内発的なヤル気」はもの凄い自発性と創造性を発揮します。

今日はモチベーションについて考えたいと思います。

稼ぐ欲を使い、その先のモチベーションに進化させる

昨日は東京で賃金制度構築セミナーでした。
たくらみ屋の賃金セミナーには2つの特徴があります。
1つはゲームで学ぶこと。もう1つは「社員さんが主体になれる」制度であるということです。
社長と同じような視点やヤル気を持って欲しいと思ったら、社長と同じ情報、社長の給与と同じ仕組み整備することだと考えるのです。

どういうことか?
まず、会社全体の情報=決算書を公開することです。その上で業績から賃金が決まること。
社長が創業した時って「年収◯◯円稼ぎたいから、う〜ん、◯◯円の売上総利益が必要だな!」と目標を決めますよね。
それと同じ仕組みを創るのです。
そうすると会社が儲かれば自分たちの賃金も増えることが分かります。逆に言うと「これだけ稼ぎたいから、これだけ儲ける必要がある」という考えになるってわけ。

稼ぐ欲は強いモチベーションです。それを他人からコントロールされるのではなく自分たちから発動させるのです。
この意欲、エネルギーを僕は「第1燃料」と呼んでいます。
全部で3つ燃料があり、第1→第2→第3と切り替わっていく仕組みです。

第一燃料はロケットで例えると「打ち上げ」に使われます。
何かに挑戦する時は不安(重力)がつきものです。それを振り切るエネルギー源になるわけです。
次は大気圏突破のエネルギーが必要になります。
企業ではどんなエネルギーでしょうか?
賃金から必要な数値目標を立てた次は、その方法を考えますよね?
値段を上げるか、数多く売るか、新商品を開発するか、新しいビジネスモデルを創るか?…具体的なたくらみを始まります。
それは1人ではなくチームで考えます。
しかもこの段階で指示ゼロ経営になっていると自分たちが主体で決めることができます。
これが第2燃料を生み出します。

人は仲間とやると愉しいです。知恵が出ます。自分で決めると愉しくなります。
こうなると仕事の行為自体が報酬になります。
最初にたくらんだ賃金のことは忘れる…第1→第2への切り替えです。

使命感のエネルギーで尽きることのないヤル気を得る

第2燃料まで行くと企業はもの凄いパワーを発揮します。
ところが指示ゼロ経営が目指すのはその先にある第3燃料です。
それはどういうものなのか?

結論から言うと「自分の本質を生きる悦び」から生まれるエネルギーです。

大気圏を突破し宇宙に出た時のエネルギーで途切れることなくどこまでも飛んでいきます。
エネルギー源は内部ではなく宇宙からいただくようになります。
オカルトチックだよね(笑)

でも本当にあるのです。
具体的な場面でお伝えしますね。
仲間と仕事をする中で自分で決められることが多いと、全体目的を達成させるために「自分にできることを自分の意志で決め」貢献するようになります。
そうすると自分の得意を活かすようになります。人によって違った「自分の得意」が集結すると集団はあたかも1つの生命体のようになります。

そして「自分だからできること」に気付きます。
ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、自分が生まれてきた意味を感じるようになる社員が出るのです。

「自分だからできることで誰かのお役に立つ生き方」…それを自分にできると感じた時に人生は開花すると思うのです。
行動の理由が「それが人生だから」といった素晴らしいものになります。

こうなると第3燃料です。第2燃料はほとんど使わずに宇宙空間を飛び続けます。
持続可能であり、すごい創造性を発揮するエネルギーだと思います。
だから結果的に儲かるのだと考えています。

これが指示ゼロ経営が狙う到達点です。

僕は思います。
人には自分だからできることがあり、そのために生まれてきたのだと。
そして、それにより人に喜ばれた時、「あなたに出会えて良かった」と言われた時に人生が開花するのだと。

昨日の賃金セミナーで感じたことは、そんなことでした。
では今日も素敵な1日をお過ごしください!

【大好評につき再び開催】

■10月13日-14日 自律的集団を加速する! TOC × 指示ゼロ経営セミナー in 神戸
僕(米澤)が10年かかり実現した自律型組織を3年で構築することを狙った研修です。
TOC(制約理論)の科学的なアプローチと、指示ゼロ経営の人間的アプローチで迫ります。
実践した者だから分かる本音で語ります。
詳しくはコチラを!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
10年後に若者から選ばれる会社になるために今すべき事

僕がPTAをやっていた時に「お子さんにどんな人に育って欲しいか?」とい

会社を良くする方法はぜんぶ小学校で教わった

業績好調な会社にお邪魔するといつも気づくことがあります。それは社員同士

就業規則を社員が参画して創ると経営者意識が育つ

社長であれば社員に対し「なんで自分中心でしか考えられないんだろう?」と

給料や昇進では発揮されない、尽きることのないヤル気の生み出し方

「社員のモチベーションをどう管理するか?」…これは経営者にとって非常に

社長の発想力を超える面白いアイデアを出せる社員はどうすれば育つのか?

東大で行われている創造の授業今は従来の延長線上で発想しても良いアイ