*

方針を明確に打ち出し一旦離職率を高めろ!そこから再構築せよ。

高離職率は企業の恥…そう思われますが、必ずしもそうじゃないと思うんです。
僕が知る限り、進化する企業はその過程で高離職の状態を経験しているもん。

方針が明確になれば、それに賛同できない人が現れるのは当然のこと。
それが怖くて無難な経営をするくらいなら思い切って明確な方針・ビジョンを打ち出す社長の方がカッコイイと僕は思います。
昨日の本田圭佑選手のツイートに心が震えました。

今って売り手市場で人材不足に陥っている企業が多いです。
なので社員に辞められることを、既存社員から反発が来ることを恐れ、冒険を躊躇する社長が多いと思います。
でも、一番よくないのは辞められるのが怖くて方針を打ち出さず、社員が「まったり定着」している状態だと思います。

新幹線と同じだと思います。
(実際にはないが)行き先が変われば、降りる客がいる。
でも、乗る客もいる。
こうして適度な新陳代謝を繰り返しながら企業のレベルは上がっていくのだと思います。

でも、その際に大切なことがあります。
4つあります。

1つは、残った社員の協力体制を創ること。

味方になってもらうことです。
社員が辞めると、残った社員に負担がかかりますよね?
申し訳ないという気持ちもありますが、この時こそ勝負です。

社長が不安なように残った社員も不安を感じます。
なので未来を共有することが大切だと考えます。
今の状態をどこに持っていくのか?
「こうしたい!」と強い想いを伝えることが大切です。

僕にも経験がありますが、こうすると社員から「でも…」が出ます。
「でも、今の仕事でいっぱいいっぱいなのに…」そんな不安が出ると思いますが、その時に強引に説得しないことが大切だと考えます。

2つ目は対話すること

未来を一緒に語る。
不安を一緒に語る。

どのように仕事を進めていくか?…「HOW」は社員さんの協力が必要です。
だから、まずは未来を一緒に語り考えていくことが大切です。

そして「でも…」が出た時は組織改革のチャンスです。

3つめは組織を変えること

中小企業の多くが、アルバイトと正社員が同じ作業をしていることが多いと思います。
アルバイトより多く作業を持って要るのが正社員…そんな状態ね。

その状態では社員と一緒にたくらむことはできませんよね?
「ゆとり」が必要です。
たくらみ屋の相棒、森本繁生さんは、そのプロですが、まずは仕事のリストラが大切だと言います。
意味のない仕事はやめてしまう。
その基準は「その仕事は何のためにやっているの?」と聞いた時に即答できない仕事はやめてしまっても問題がないと言います。

社員にたくらみ時間的、気持ち的なゆとりを創ることが大切です。
その上でパートさんに自分の作業を譲るわけです。

4つ目は採用です

無理して新しい社員をとる必要はありません。
少数精鋭の組織を創る一番の方法は「少数にすること」ですからね。

どうしても正社員を採用する必要がある場合は、既存社員さんにも採用活動に関わってもらうことが大切です。
関わると自分事になりますから、新人のお手本になるような行動をしますし、新人の育成にも関わるようになります。

一番良くないのは社長が採用を決めて「お前ら、教育しろよ」って投げるケースです。

今、多くの企業が「事業のカタチ」を変える必要に迫られています。
勇気が要ります。
辞める人も出るでしょうし、既存の社員から「でも…」がたくさん出ると思います。
でも、勝負です。
勝負は上手にやることが鉄則です。

起こりうる事態を想定してシナリオを描き備えること。
謙虚な気持ちで社員さんを味方につけること。

ちゃんと仕組めば5年〜7年でたくましい組織に成長するはずです。

冒険をしましょう!!

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

【今日の内容を語り合うセミナーを開催します】

「離職率は下げる前に一度上げろ!燃えるチームの創り方」

■日時:2018年2月26日(月)14:00~17:00(開場:13:30)
■場所:たくらみベース(株式会社たくらみ屋 大阪本社)
550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目10-11 マルイト江戸堀ビル201号
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅7番出口より徒歩1分

■主催:株式会社たくらみ屋
https://goo.gl/maps/3c6r5GqWAHP2
■講師:森本繁生(たくらみ屋)&米澤晋也(たくらみ屋)

https://takuramiya.com/blog/
■定員:20名
■参加費:10,000円(税込み)
■お申込み方法:こちらからお申し込みください!
http://www.shijizero.jp/archives/5613
■お支払い方法:2月23日(金)までに下記口座へお振り込み下さい。
※手数料はご負担下さいませ。

お振込先:りそな銀行 泉北支店(銀行コード0010  店番号227)
普通 0363902 カ)タクラミヤ(株式会社たくらみ屋)

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
チームワークは社長の為でもなく会社の為でもなく、自分のために必要

「そもそもチームワークはなぜ大切なのか?」…僕は、昔そんなことを真剣に

目標管理で成功するための基本と3つのステップ

目標の設定の仕方は細心の注意が必要だと思います。 社員の自発性や創造性

過去の成功体験に縛られずイノベーションを起こすにはどうすれば良いのか?

イノベーションには「創造的破壊」が必要だと言われます。 本当にその通り

自分で考えずに成功している事例を参考にするとロクなことにならない

今は正解のない時代だと言われています。 それは自社だけの解、自分だけの

儲かっているから社員が元気なのか?元気だから儲かるのか?

経営をしていると「卵が先か鶏が先か」という課題に直面します。 例えば、