「任せたいけど怖くて任せられない」…そんな時の対処法

もっと社員、部下を信頼して任せたほうが良い…そう分かっていても任せるのは勇気が要るものですよね。
でも、任せたのであれば変な口出しはご法度です。
とは言っても心配なものは心配だし怖いものは怖い。
人間であれば当然のことだと思います。

今日は、どうすれば気持ち穏やかに任せられるか?という話です。

「任せられないものは任せられない」で良い

任せることへの抵抗のほとんどは「社長が勝手に感じる恐怖」から来ていると考えています。
起きている事実・現実と、それをどう感じるかは別問題とよく言いますよね?
「この世に美しい花はない。美しいと感じる心があるのだ」…そんな名言がありますが、これと同じです。
大胆に任せられる社長は、自分の心のゆらぎとの付き合い方が上手なのだと思います。

自分の心を制御できれば怖くなくなるわけですが、「怖くない」と言い聞かせて制御できるものではないと思います。
怖くないと言っている時点で怖がっているわけで、しかも怖さの原因を遠ざけているので、余計に怖くなってしまいます。
試合やスピーチの前に「緊張してない、してない」とブツブツ言っている人は本番に弱いと思います(笑)
手の平に「人」をいっぱい書いて飲み込んでもムダ(笑)
かえって人に飲み込まれると思う。

逆で、恐怖・不安を認識することが大切だと考えています。
正体が分からないと怖くなる…だから怖がっていることを認め、肯定することが大切です。

なので「怖いものは怖い」「任せられないものは任せられない」で良いと考えているのです。
間違っても「任せられない自分は未熟だ」なんて思わないことだと思います。
任せられないことまで任せて、毎日を恐れながら生きるなんて人生、もったいないよね。

「任せられないものは任せられない」で良い…ということは「任せられることは任せられる」ってことなので、一度、それを整理することが有効だと思います。

任せられることと任せられないことを分類してみる

指示ゼロ経営セミナーでは任せられることと、そうじゃないことの分類を付箋を使って行います。
社内にある意思決定を考えられるだけ付箋に書きます。
例えば「仕入れる商品を決める」「賃金を決める」「採用する人を決める」「業務改善の方法を決める」「ユニフォームを決める」「忘年会の店を決める」…大から小まで、考えつくものを全てあげます。

それを「社長だけが決められること」と「社員さんでも決められること」に分類します。
こんな感じね。

白黒ハッキリしなくて良くて、微妙な位置に来るものもあります。
そうするとね、社長にしか決められないことがすごく少ないことが分かります。
多くの人は経営理念だとか借り入れは社長にしか決められないと言いますが、それすら社員に任せている人もいます。
これが正解ってものはありませんが、想像以上に社員に任せられる事が多いことに違いはありません。

で、任せるのが怖い社長には、どこまでが怖くて、どこからが怖くないか、その線引きをしてもらいます。
「経営理念は怖い」「賃金も怖い」「社長の給与を決められたらぶっ倒れる(笑」
怖くて任せられないことは任せなくて良いのです。

いや、任せない方が良いと思います。

社長が毎日、不安そうにしていると、その空気が社内に漂い閉塞的な雰囲気になるからです。
みんながムンクの叫びのような顔で仕事をしている会社に行ったことがありますが、部外者の僕まで得も知れぬ不安にかられましたもん(笑)

この作業の狙いは「怖い」という感情に向き合うことです。
向き合わないから正体が分からず、もっと怖くなる。

起きている事実と、それをどう思うかは別問題です。
感情が穏やかになると、もし任せた上で問題が発生したとしても、結構、冷静に対応できるようになります。

その上で、怖くて任せられないことは「任せられない」と正直に社員に伝えれば良いと考えます。
「や〜い、ヘタレ〜」なんて誰も馬鹿にはしないから(笑)
それを伝えた瞬間に、もしかしたら任せられるようになるかもよ?

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい!

【現在受付中のセミナー】

■指示ゼロ経営ベーシックセミナー
共有された目標に向かい、社員さんが自分たちで課題を見つけ考え協働し成果を創る。
ゲームを通じ自律型組織を実際に体験しながら、その構築法を学ぶセミナーです。

【残席7名】1月19日 東京開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5360

【受付開始】2月24日 名古屋開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5491

■脱人材不足 自発的な人財を集める採用セミナー
自社の想い・ビジョンに共感する人をたくさん集めるためのメッセージ構築法を学ぶ。
採用活動を通じ、既存組織の底上げを行う。
採用を通じステージアップを狙うセミナーです。

【受付開始】1月22日 大阪会場はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5401

【残席6名】1月25日 東京開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5385

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket