*

現状認識の罠。今をどう捉えるかで発展も衰退も決まる。

課題は多いけれど、確実に良くなっていきます

おはようございます。
最近、色んな会議で偉い方の挨拶を聞いていて、思うことがあります。
なんで「取り巻く環境は日に日に厳しくなる」と言うのか?ってこと。

言うでしょ?
これって、すごくややこしい前提を作ってしまって、それ故に物事が上手く進まなくなるんじゃないかと思います。

例えば、PTAで「子どもを取り巻く環境は一層…」なんて言われると、「そうか!現状は悪い環境なんだ…」って前提ができる。
果たしてそうかと言えばそうでもない。
今の子どもは、僕たちの頃とは違い「女のくせに」なんてことは言いません。
それ以外にも、とても良くなっていると思います。

さらに言えば、子どもの成績を確実に落とす方法があるという話があります。
それは親が先生の悪口を言うということ。
「悪い先生に習っている」という前提の下で子どもの成績が伸びるわけがありませんよね。

企業においても、「我が社、業界を取り巻く環境はますます厳しくなっている」と言います。
僕は、こう解釈しています。
世の中は非常に良くなっている。しかし、それに我が社が提供するサービスや在り方が合っていないと。

昔はモノがなかったが、今はある。
モノに満たされたら贅沢がしたくなった。
でも、今は贅沢ではなく、精神的な豊かさを求めるようになった。

僕の親友が業界団体の総会の席で素晴らしいスピーチをしました。
現状は厳しいなんてことを言わない代わりに、生活者の感性の変容に対応するために、どうすればいいか具体的な指針を示しました。「モノを仕入れて売る」という発想から「顧客の幸せを創造する」という発想転換を提案したのです。

IMG_5519

物事は時間とともに良くなるというが自然の法則。

その前提に立った上で課題を解決するという発想が一番成果を上げると思います。
企業で言えば、リーダーの現状認識になります。
課題を解決しても、また新たな課題は出てくるものです。
社会が進化している以上は。
いつも問題だからけのように思えてしまいますが、確実に進歩しているのです。

「非常に良くなった。そして新たな課題に直面している。でも、それは進化のためのギフトだ」そんな挨拶をしたいですね。

「きっと良くなる」

それは無責任な楽天主義ではなく、大いなる存在に対する信頼をベースにしたものです。

どんどん良くなっていきますよ!

そのために全力を注ぎましょうね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」