*

もし福山雅治が営業マンだったらと考えてみた

先日、とあるの会議で「訪問理由をつくる」なんて話が大真面目に出ていました。
新聞の勧誘ってマナーが悪いでしょ?
唯一、社会に貢献したのがインターホンの普及だと思う(笑)

今、訪問販売は訪問件数を増やしても成果が出ません。
全てをお客様が決める時代だからね。

営業以前にすべきことがある…今日の記事はそんな内容です。

もう営業はできないという諦めが大切だと思う

冒頭の「訪問理由をつくる」という発想は、もはや通用しません。
理由って、どこまで行っても売り手都合の理由だから。
イコール「言い訳」ということ。
「近くに来たから挨拶に来た」「キャンペーン中」「サービス品を配っている」
「呼んでもいないのに来ないで」あるいは「読んでもいないのに来ないで」と撃退されるのがオチですよね?

モノが溢れて特段欲しいものがない時代です。
手元で何でも調べられるようになった。
何より、生活者が自分の領域に入られるのを嫌がる時代になった。

YouTubeの広告は、ほぼ全員がスキップしますし、ネットで買い物をした時にメルマガ希望にチェックを入れる人も少ない、それだけ企業の宣伝を嫌う時代になった。

もう営業はできない、そう考えたほうがいい。
諦めない限り、次のステージは見つからないから。

訪問の理由なんて考えている場合じゃない。
「来て欲しい」と言っていただくような魅力が必要だと思います。

お客様の方から会いたいと言われるようになる

もし福山雅治が新聞の勧誘員だったら「是非、来て〜!」と言われるでしょう。
え、今は福山じゃない?…まあ、いいか…

お客様は部屋の掃除をして手料理を作り、今か今かと待っている。
「契約するまで帰らない」ではない。

「契約するから帰らないで」となる(笑)

福山雅治になるしかない、その1000分の1でも。
無理か…いや、そんなことはないと思う。
「会ってみたい」そんな存在になる事はあり得る話です。
SNSで繋がって仲良くなって「今度会おう」という話はよくあるじゃないですか。
それと同じことだと思います。

会って、いきなり成約なんてことは無いと思いますが、まずはそこから始めるしかない。

以前にも記事で紹介しましたが、弊社の社員が数名、PTA役員をやったらチラシの成約率が上がったことがありました。
その記事はこちら。
「営業以前に『社員全員で』やるべきことがあるのではないか?」

正確にはPTAをやったから成約率が上がったのではなく、日頃からニューズレターで自分たちのことを書いていたから、PTAも仕事も依頼されたと分析しています。

さらに、弊社で仕事がしたいという方も増えました。

ウチのスタッフに福山雅治似の人は1人もいませんが、こういうことは十分にあり得る。

もう営業を頑張っても成果が上がる時代ではない。
頼まれる人にならなきゃ。

訪問理由なんて考えなくても、向こうから会いたいと言われるようになること、そう考えています。

それでは今日も素敵な1日を!

 

【現在受付中のセミナー】

■自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー
ワークを通じて、賃金が増えた喜びや、評価に納得しないといった体験をしながら最適な賃金制度を学ぶセミナーです。
昇給や賞与を計算するデータ資料が参加特典でつきます。

【残席3名】12月12日 大阪開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5281

【受付中】12月19日 福岡開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5305

■指示ゼロ経営ベーシックセミナー
共有された目標に向かい、社員さんが自分たちで課題を見つけ考え協働し成果を創る。
自律型組織を実際に体験しながら、その構築法を学ぶセミナーです。

【受付開始】1月19日 東京開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5360

■【大好評受付中】第5回たくらみ合宿
業界の常識を覆す飛躍的なたくらみを具体的ななカタチに!
たくらみを社内外に伝染させムーブメントを起こす!
2泊3日の合宿です。
http://www.shijizero.jp/archives/4730

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」