*

「居ないかのように扱われるリーダー」が理想のリーダーである

チームのことを一番に考えているのは誰か?
当然、リーダーと言いたいところですが、リーダーが頑張りすぎると部下は無責任病にかかってしまいます。
リーダーがいないとヤル気にならない…それではチームとしては弱いですよね?
リーダーと同じくらい部下がチームのことを考えるようになると、チームは勝手に成長を始めます。

今日はリーダーの役割は「自分の力でチームを良くするのではなく、自己成長できる集団を育てること」…そんな内容です。

リーダーの力ではなく、集団の力で自己成長できるチームを創る

人の集団はエネルギーバランスで成り立っていると言われています。
例えば、リーダーがやたらと熱くなると周りは冷めます。
ネチネチと重箱の隅をつつくリーダーがいると部下の中に「うっかり八兵衛」が出ます。
そんな経験、ないでしょうか?

同じように、頼れるリーダーがいると、周りはリーダーに依存して思考停止を起こします。

僕が社長に就任した時に、優れたリーダーは誰よりも部下のことを、チームのことを考え率先して行動する人だと教えられました。
社員を褒め、時に叱り、悩みを聞き励ます、給与明細には丁寧な感謝のメッセージを添える…そんなことを「色々とする」のが理想のリーダーだと思っていました。

社員も嬉しかったと思います。
「社長のためにがんばろう」…そんな気持ちにもなったと思います。
でも、僕がそれをし続けないとヤル気も自発性も維持できなくなってしまったのです。
僕がずっと現場に張り付ければ良いのですが、商売の開拓をしたかったので会社を空けると社員が不満を持つようになりました。
「最近、社長は冷たい」と。

「誰よりも会社のことを、社員のことを考えているのに」と悲しくなりましたが、そもそも「オレがなんとかしなきゃ」という頑張り自体がおこがましいことだったのです。
だから、僕の力ではなく、集団の力で自己成長できるチームを創る必要性を持ったわけです。

僕の役割は「色々とする」…足し算ではなく、「しない」…引き算だと気付いたのです。
もちろん色々とやった方が精神的には充実しますよ。
自分の存在意義を実感できるしね。
「社長のおかげです」なんて言われたら嬉しい。
でも、理想は「社長は、居ないかのように扱われること」だと考えています。

リーダーが居ないかのように扱われるようになったら組織開発は成功

では、なぜリーダーが頑張らなくてもヤル気と自発性が維持されるのか?という話です。
それは「自分で意義を感じることを自分の意志で決めること」に尽きると考えます。

先日、地元の中学校でキャリア教育の講師をやった時に、「色々としない」ことに触れ、生徒さんから質問を受けました。
「それでスタッフの皆さんは自発的に動くのですか?」と。
これに対し、僕が「みんなゲームは親に褒められなくても感謝されなくてもやるでしょ?」「というか、叱られてもやるでしょ?(笑」」と言ったら、「そりゃそうだ!」とすごく納得していました。

「自分のために、自分が納得することを、自分で決めてやる」
この状態を創り出すのがマネジメントなのだと考えています。
言い換えれば、マネジメントすべきは「人」ではなく「環境」なのだと。

そうなると社長は、居ないかのように扱われます。
先日の社員会では、僕が理解できない話をし始めたので「よく話している内容が分からない」と言ったら、社員の1人が「あ、まだ社長に報告してなかったですかね?」と言いました。

悲し嬉しい(笑)

どうしてこの様なことが起きるのかと言えば、社員が自分のためにやっているからです。
僕のためにやっているわけじゃないから。
だから、その場で「君たち優秀だね〜」「素晴らしいよ」なんて賞賛しても意味を成しません。むしろウザがられます。
「ありがとう」と感謝しても、一瞬ほんわかするだけですぐに素に戻ります。
当然、「社長のおかげです」なんて言葉は出ません。

この寂しい状態を悦べることが指示ゼロリーダーの資質ではないか?とさえ思っています(笑

「居ないかのように扱われる」…チームがリーダーの力ではなく自分たちの力で自己成長するようになると起きる現象ですが、嬉しい状態だと思います。

でもちょい寂しい…そうだ、全国の指示ゼロ社長を集めて、みんなで寂しさを癒やす会でもやろうかな?(笑

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

【現在受付中のセミナー】

■自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー
ワークを通じて、賃金が増えた喜びや、評価に納得しないといった体験をしながら最適な賃金制度を学ぶセミナーです。
昇給や賞与を計算するデータ資料が参加特典でつきます。

【受付中】大阪開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5281

【受付開始】福岡開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5305

■【大好評受付中】第5回たくらみ合宿
業界の常識を覆す飛躍的なたくらみを具体的ななカタチに!
たくらみを社内外に伝染させムーブメントを起こす!
2泊3日の合宿です。
http://www.shijizero.jp/archives/4730

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
商売を「喜びの循環」の視点で観るとやるべき事が見えてくる

商売は利益ばかり追っていると儲からない、人の喜びを追求すると永く繁栄す

これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている